プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
半導体テスト基板

半導体テスト基板

半導体テスト基板

半導体テスト基板

  • 光ファイバモジュール基板
    光ファイバモジュール基板

    型番:光ファイバモジュール基板

    材質:MEGTRON 6(Panasonic M6)

    層数:8

    インク色:緑/白

    仕上がり厚さ:1.0mm

    仕上がり銅厚:1 oz

    表面加工: 金メッキ+金端子

    最小軌跡:4mil(0.1mm)

    最小パターン幅/間隔:4mil(0.1mm)

    制品の特長:インピーダンス100±7%;50±10%;速度:400グラム金指と板辺公差:±0.05mm

    用途:光ファイバモジュール


    製品詳細 技術仕様

    光ファイバモジュールは光電変換用の電子部品である。簡単に言うと、光信号が電気信号に変換され、電気信号が光信号に変換され、送信機、受信機、電子機能回路が含まれる。したがって、光信号がある限り、光モジュールの応用がある。光ファイバモジュールは,機能別に光受信モジュール,光送信モジュール,光送受信統合モジュール,光転送モジュールに分けられる。




    光ファイバモジュールpcbの設計方法


    1.パネルの作り方


    小型光モジュールpcbの中央ミラー対称基板設計にお勧めします


    2マーカーポイントのデザイン


    ユニットプレート上に2つのマーカーポイントを配置することをお勧めします。ユニットプレートに2つのマーキング点を配置できないが、少なくとも1つのマーキング点を配置することができ、銅リングのないマーキング点を使用することができる。同時に補助側にマーカーポイントを付けて調整します


    3. pcb配線方式


    フライス溝+切手孔デザイン:フライス溝幅2mm、切手孔は非金属、推奨孔ピッチ1.0mm、孔径0.5mm、


    プリントセンターは光モジュールのpcb方向に移動する。印刷穴の中心からフライス溝の端までの距離は0.6mm以上であることをお勧めします。これにより、光モジュールpcbの端のバリを低減し、ハウジングとの干渉を回避することができます。


    v-cut接続:pcbプロセス設計仕様の一般的な要求事項を参照する。


    フライス溝+実連結:フライス溝の幅は2mm、実連結の幅は2- 10mm、布禁止面積は1mm、


    パネルとサブブロックの接続は、まずプレスホール+ミーリング溝を采用し、その后は実接続+ミーリング溝を采用し、v-cut接続はお勧めしません。


    注意:v-cut接続方式では、フライス盤盤を使用して板を切ることはできませんが、ホロ盤盤を使用して板を切ると、応力が大きく、光モジュールのレイアウトが禁布要件を満たすことができません。


    4. pcbプロセスのレイアウト要件


    コンポーネント間の配置距離は、次の表のように設計できます。

    光ファイバモジュール基板

    実際のpcb加工では、下部のマイクロデバイスと上部の非チップデバイスをうまく組み立てることができる。


    以上の距離は、いずれもpadからpad、padからデバイス、デバイスからデバイスまでの最小距離である。


    pcbとfpcの溶接面にはいかなる装置も許されない


    光学素子溶接のホットロッド工法:ホットヘッドのプレス動作面積を0.5mm以上とし、組立面積の長さ+ 4mm以上とする。


    ネジで固定された光デバイスについては、本体の周囲1.5mm以内、底部及び光ファイバカバーの周囲1.5mm以内で、デバイス及び地面以外を貫通することを禁止します。非地面貫通孔を設ける必要がある場合は、プラグ孔を使用して文字油の絶縁を増加させなければならないが、スクリーン印刷の底部は非地面貫通孔を禁止しなければならない。


    光デバイスのネジ穴とスクリューの間には0.25程度のギャップがあり、デバイス自体の公差は±0.25である。デバイスチップの公差を増やす場合、1.5mmの布禁を要求する。


    手作業で溶接した光学系の1.0 mmパッドの近傍に、穴、試験板、装置を配置することは禁止されている。貫通孔を設けなければならない場合は、緑色の油で完全に塞がなければならない。


    明るい銅の部分はパッドに直接接続してはいけません。ハンダマスクの最小幅は3ミルです


    光デバイス間、光デバイスと電気部品間の配置距離は、手動ハンダ付けとメンテナンスの作業空間の要件を満たす必要があります。


    光学素子のピンは基本的に手作業で溶接されているので、手作業による溶接の要件を満たすように配置する必要があります。そうしないと部品にぶつかって溶接や修理が困難になります。


    光素子レイアウトでは、コネクタの挿入時に光モジュールのテールファイバーの光ファイバライン部分が破損しないように光ファイバコネクタの挿抜禁止領域に光ファイバライン部分を入れてはならない。


    5. pcb配線設計要件


    pcbホットロッドリフロー溶接板に接続する配線には、ワイヤ幅5-10milをお勧めします。大面積の接地が必要な場合、リード線の長さはd≧50mil


    注:試験結果によると、リード線の長さが小さい場合は、大面積の接地、熱圧の伝熱が速すぎて、プロセスパラメータが制御しにくく、はんだ付け不良につながる。したがって、リード線の長さは50mil以上を推奨します。配線が太くて長く、接続することで、銅箔の広い面積が熱放散が早く、温度が不均一になり、溶接信頼性が一致しません。


    6.クッションのデザイン


    機器の非放射パッドに貫通孔を設けることは禁止されている。


    7、表面処理


    enig表面処理を優先します。ヒートパッドについては、osp表面処理は禁止されています。


    8. pcb厚さ設計


    sfpおよびxfp光モジュールのpcb厚さ要件は1.0 mmです(sfpおよびxfpのpcb厚さ要件はmsaプロトコルによって規定されています)。



    PCB技術の問題については、IPCB知識サポートチームは、すべてのステップをお手伝いしてここにある。また、ここでPCB引用を要求することもできます。お問い合わせメールsales@ipcb.com

    我々は非常に迅速に対応します。

    型番:光ファイバモジュール基板

    材質:MEGTRON 6(Panasonic M6)

    層数:8

    インク色:緑/白

    仕上がり厚さ:1.0mm

    仕上がり銅厚:1 oz

    表面加工: 金メッキ+金端子

    最小軌跡:4mil(0.1mm)

    最小パターン幅/間隔:4mil(0.1mm)

    制品の特長:インピーダンス100±7%;50±10%;速度:400グラム金指と板辺公差:±0.05mm

    用途:光ファイバモジュール



    PCB技術の問題については、IPCB知識サポートチームは、すべてのステップをお手伝いしてここにある。また、ここでPCB引用を要求することもできます。お問い合わせメールsales@ipcb.com

    我々は非常に迅速に対応します。