プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - よく使われるpcb設計ソフトウェアはどれらがありますか。

PCBニュース

PCBニュース - よく使われるpcb設計ソフトウェアはどれらがありますか。

よく使われるpcb設計ソフトウェアはどれらがありますか。
2023-09-18
View:114
Author:Leota      文章を分かち合う

PCBPrinted Circuit Board)は、中国語ではプリント配線板、プリント配線板とも呼ばれ、重要な電子部品であり、電子部品の支持体であり、電子部品の電気的接続の支持体である。以下のアイテムはいずれも使用頻度が高く、それぞれにメリットがあります。

 

1. protelAltium Designer

 

protelAltium社が80年代に開発した電子設計自動化ソフトウェアで、原理図、PCBFPGA設計に使用されている。このソフトウェアは、ボードレベルの設計とFPGA設計を組み合わせています。2005年以降、ソフトウェアはAltium designerと改名した。買収したPCADおよびTASKKINGaltium designerの一部となった。

 

Altium Designerシリーズ(AD)は、巨大なEDAソフトウェアであり、完全なボードレベルの全方位電子設計システムである。しかしこういうpcb基板ソフトの通弊は、いくらパソコンが良くても、なんだかスッキリしない、ソフトウェアが大きすぎて、複雑で冗長すぎるということです。

 

2. Mentor pads

 

padsMentorGraphics社が開発したソフトウェアで、ローエンド製品の中では使いやすく、ほとんどの中小企業のニーズに適しています。PADSLayoutPowerPCB)は、他のPCB設計ソフトウェア、CAM加工ソフトウェア、機械設計pcb基板ソフトウェアとのインタフェースを提供し、異なる設計環境でのデータ変換と転送作業を容易にします。欠点は間違いを報告しやすいことだ。

 

3.Allegro

 

AllegroCadenceが発売した先進的なPCB設計配線ツールです。Allegroは良好でインタラクティブなワークインタフェースと強力で完全な機能を提供し、その先端製品CadenceOrCADCaptureとの結合は、現在の高速、高密度、多層の複雑なPCB設計配線に最適なソリューションを提供している。

 

Allegroは同類の製品の中で際立っており、高速で高密度な多層pcb設計を主としているが、明らかな欠点もあり、入手が難しく、資料がすべて揃っている場合は数週間かかり、価格が高く、多くの中小企業にとって価格比が高くない。pcb基板ソフトソフト