プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - 無電解金メッキとは

PCBニュース

PCBニュース - 無電解金メッキとは

無電解金メッキとは
2023-11-03
View:238
Author:Leota      文章を分かち合う

無電解金メッキ(Electroless Nickel-IMmersion GoldENIG)の化学めっき

 

無電解金メッキ(ENIG)はニッケルメッキ、フラッシュメッキであり、OPA 2604 APは通称水金板と呼ばれている。無電解金メッキ(ENIG)とは、PCBパッドにNi(厚さ≧3 ym)を化学めっきした後、さらに0.050.15 ymの薄い金をめっきし、溶接に使用すること、またはNiめっき層の表面に0.30.5 timの厚い金をさらにめっきし、バインディング(Wire Bonding)プロセスに使用する。無電解金メッキ(ENIG)は酸化に強く、溶接性がよく、複数回溶接することができる。

 

化学めっき層が均一で、表面が平らで、共平面性がよく、高密度SMT板の両面再流溶接技術に適用する。薄い金層は溶接時に溶接材料に急速に溶融し、新鮮なNiを露出し、溶接材料中のSnNi 3 Sn 4を生成し、溶接点をより強固にする。無電解金メッキ(ENIG

 

錫浸漬(I-Sn

 

錫浸漬(I−Sn)の加工コストが比較的に低いため、I−Snは鉛フリープロセスに広く応用されている。しかし、錫浸漬過程でCu−Sn金属間化合物が発生しやすく、溶接可能性に影響を与えるため、技術性が劣る。一般に一次溶接プロセスに応用できる無鉛消費電子製品。

 

OSP

 

現在、無鉛携帯電話ボードの多くはOSPコーティングを採用している。ここで重点的に説明する点は、鉛フリーのOSPと鉛フリーのOSP材料は異なり、OSPの分解温度は溶接温度と一致しなければならず、鉛フリーのOSPはより高い温度に耐えることが要求される。

 

OSPが高温に耐えられるかどうかの鍵はOSP溶液の配合及びコーティング技術であり、これはOSPベンダーの機密である。現在、国際的にOSPは第5世代まで発展しており、その分解温度は355℃で、何度も加熱に耐えられ、海外で最も良いOSP4回、5回の再流溶接に耐えられる。そのため、一般的な消費者向け無鉛電子製品はOSPコーティングを選択することができる。今後の発展方向はOSPの組成と技術を持続的に改善し、引き続きOSPの耐熱温度と耐熱性能を高める必要がある。

 

現在の国際先進的なプリント基板及びその製造技術の発展動向

 

PCB製造技術は高密度、多層板の方向に発展するだけでなく、半導体技術、SMTと密接に結合し、伝統技術を打破する勢いがある。ある高密度、高速度の分野では、PCB製造、半導体とSMT3つの境界1が徐々にあいまいになり、徐々に融合していき、電子製造業がより先進的、高信頼性、低コストの方向に発展するように推進されている。無電解金メッキ(ENIG