プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

DFMの意味と用途については?
2021-08-13
View:20
Author:ipcb      Share

DFMの意味について:

DFM (Design for Manufacturing)とは、製造可能な設計という意味で、主に制品そのものの物理的特徴と製造システムの各部分との相互関係を研究し、製造システム全体を融合して全体を最適化し、より仕様化するための制品設計に使用する。コストを下げ、生産時間を短縮し、制造性と作業効率を向上させる。


DFMは、製品自体の物理的設計と製造システムの各部分との相互関係を研究し、製造システム全体を統合して全体的な最適化を行うために製品設計に使用し、高周波回路基板の設計品質を保証する最も効果的な方法である。

DFMは、制品開発設計時から、制造可能性を考慮して、設計と制造を緊密に結び、設計から1回の成功までを実現することを目的としています。

DFM

DFMの強みとその重要な役割

1、コストを下げて製品の競争力を高める

低コスト、高生産性はすべての会社が永遠に追求する目標です。DFM仕様にすることで、自社のリソースを効率的に活用し、低コスト、高品質、高効率で製品を作ることができる。もし高周波回路基板の設計が会社の生産性に合っていなければ、制造性が悪い、つまりより多くの人、物、財力を使って目的を達成することができます。同時に、納品が遅れ、市場を失うという代償も大きい。


2、生産プロセスを最適化し、生産性を高める

DFMは設計部門と生産部門を有机的に連携させ、情報の相互伝達を目的とし、設計開発と生産准備を調和させる。標準を統一することで、自働化が容易になり、生産性が向上する。また、製造試験装置の標準化を実現し、製造試験装置の重複投入を減らすことができる。


3、技術移転のために、会社の協力を強化する

現在、多くの企業では生産規模の制約を受けて、大量の作業を外加工で行う必要がありますが、DFMを実施することで、加工単位と加工単位との間で製造技術がスムーズに移行し、スピーディーに生産を行うことができます。製造可能なデザインの汎用性は、企業製品のグローバル生産を可能にする。


4、新製品開発とテストの基礎

製品の設計を制御する適切なDFMの仕様がなく、高周波回路基板開発の後半期、大量生産の段階になってはじめてそのような組み立ての問題が発覚した場合、設計変更によって修正しようとすることは、間違いなく開発コストの増加と製品の生産期間の延長につながる。だから新商品の開発は机能第一に加えて、DFMも重要だ。


5、電子組立プロセスに適した新技術

現在、電子組立プロセスの新技術の発展はますます復雑になっており、市場を先取りし、コストを下げるために、当社の開発は必ず最新最速の組立プロセス技術を使用し、DFM規格化によって、その発展に追いつくことができます。