プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBサンプリングによる抗酸化製造プロセスについて
2022-07-29
View:66
Author:ipcb      Share

プリント基板(PCB抗酸化は、指定された金属表面(ビアの内部及び基板表面)に酸化防止有機薄膜、すなわち有機溶接性保護(DSP)を塗布するとのことです。GlicoatSMDLF 2は、その有効成分が銅面と化学反応することにより印刷板の金属表面に強固な平坦化技術を形成する熱サイクルにおいてその溶接可能性を維持するものです。

 

プロセス

 

油抜き→マイクロエッチング水洗い洗浄①→水洗い洗浄②→酸洗→加圧水洗い洗浄①→加圧水洗い洗浄②→浄水洗浄→加圧水洗い洗浄➂→DI水洗い洗浄→エアナイフ水除き→抗酸化浸漬→エアナイフ水除き→水洗い洗浄➂→水洗い洗浄④→DI水洗い洗浄→強風乾燥→熱風乾燥。

 

油抜きマイクロエッチング:基板表面残留物、油汚れ及び銅面酸化層を除去し、銅面を活性化する。

 

酸洗:基板表面の銅粉をさらに除去し、活性化した銅面の再酸化を防止する。

 

抗酸化浸漬:基板表面及びビア内部に抗酸化膜を形成するために、浸漬式はスプレー式より優れ、40℃で60−90 S浸漬すると厚さ0.15−0.25 umの間の抗酸化膜を得ることができます。濃度、PH、温度、浸漬時間などのパラメータが正常範囲内であり、膜厚が足りない場合は補充液Aを添加して調整する必要があり、F 2薬水は希釈せずに使用できます。伝送軸は軽量材料で作られなければなりません。

 

PCBサンプリング抗酸化プロセスについて

 

1PH値は膜厚を維持する重要な要素のため、毎日測定を行い、PH値が上昇するにつれて膜厚が厚くなり、PH値が低下するにつれて膜厚が偏り、PH値が高すぎると結晶が現れます。酢酸の揮発及び水の持込により、PH値は上昇傾向にあるため、酢酸を添加して調整する必要があり、PH値は3.80-4.20の間に制御すべきです。

 

2、膜厚を一定の範囲内に保つために、活性成分の濃度を90-110%に維持しなければならず、高すぎると結晶化しやすいです。

 

3、膜厚はできるだけ0.15-0.25umの間に維持しなければならず、0.12um未満では貯蔵と熱循環中で銅面が酸化されないことを保証することはできないが、0.3umを超えると溶接材に洗われにくく、スズの性能に影響を与えます。

 

4、各パラメータが正常な場合、膜厚が薄い場合、補充液Aを適切に添加することができ、補充液Aを添加する時はゆっくりと添加しなければダメです。そうしないと、液面に星点状油点が現れることがあり、これは溶液結晶の前兆であり、その他の原因もPHのような結晶形成をもたらし、濃度が高すぎることがあるので、タイミングよく観察し、措置を採用して避けるべきです。

 

5、長時間稼動しない状態では、抗酸化シリンダ後の吸水ローラーは結晶化しやすいので、停止時に少量の水を用いて吸水ローラーをスプレー洗浄して、後のF 2薬液の残りを洗い流すほか、交換のために余分なローラーを用意しなければなりません。そうしないと、ローラーの使用時間が長すぎるため、板面にローラー印刷が現れやすくなります。

 

6F2薬水に酢酸を使用するため、吸引装置を配備する必要があるが、吸引しすぎると過蒸発と薬水濃度が高すぎるため、システムの停止時に吸引をオフにし、隙間間の密封性を保証しなければなりません。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。