プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

UHF金属抵抗性電子タグの種類
2022-08-23
View:32
Author: ipcb      Share

金属表面はなぜ抗金属電子タグを選択するのか。

 

モノのインターネット技術の急速な発展に伴い、RFID電子タグはますます広く応用され、RFIDシステムの性能に対する要求もますます高くなっています。

 

しかし、多くの応用において、RFIDタグは金属物体の表面に貼り付ける必要があり、双極子アンテナのような一般的な受動超高周波RFIDタグを金属表面に応用すると、性能が急激に低下し、効果的に読み取ることさえできません。

 

8.23 1.jpg

 

タグアンテナのパラメータと性能に対する金属物体の影響は、主に2つの方面があり、1つはアンテナ場であり、1つはアンテナパラメータ(例えば:インピーダンス、Sパラメータ、放射効率)です。アンテナが動作する場にはリーダから放射された入射波と金属板で反射された反射波があり、入射波と反射波には一定の位相差があり、両者の間がある程度相殺されて電界強度が弱まるため、この環境で動作するタグアンテナはタグチップにエネルギーを供給するのに十分な電流を感知できません。タグチップが活性化されないために動作できません。アンテナパラメータの変化は、アンテナが金属表面で動作しているときに、金属板をアンテナ自体の一部と見なし、アンテナの物理サイズが変化していなくても、そのインピーダンス値、Sパラメータなどが変化し、アンテナ性能の低下を招いています。

 

8.23 2.jpg

 

そのため、金属環境に適用する際に、適切な抗金属ラベルを探すことは、RFIDシステムの応用効果を保証するための前提です。

 

では、一般的な超高周波耐金属電子タグにはどのような種類があり、それぞれにどのような長所と短所がありますか。このようなラベルの傾向はどうでしょうか。次にお話ししましょう。

 

超高周波金属抵抗性電子タグの主なタイプは?

 

一般的な金属抵抗性ラベルといえば、ABS類、PCB類、セラミックス類、フレキシブル金属抵抗性電子タグ(印刷可能)があり、ストライプ、四角、円形など、さまざまなスタイルや形状に作ることができます。電力資産管理、企業資産管理、設備管理、危険品管理野外金属管理、物流におけるパレット管理、資産追跡、金属棚管理などに広く応用されています。

 

8.23 3.jpg

 

ABS工程プラスチック包装を採用し、日焼け防止、防水、高温抵抗などの特性を持ち、物流管理に広く応用されています。物流管理の情報化と現代化を実現し、物流管理レベルと管理効率を高め、管理コストを下げることができます。主な応用分野:物流パレットラベルの推薦応用は物流管理、箱包、パレット、コンテナ、棚、設備、固定資産などの管理にあります。

 

8.23 4.jpg

 

PCB耐金属ラベル

 

UHF超高周波受動PCB耐金属ラベルは、金属表面に直接貼り付けることができ、煩雑な取り付け作業を避けることができます。自動車ナンバープレートへの取り付けに適しており、露天電力設備の巡回検査、鉄塔電柱の巡回検査、エレベーターの巡回検査、圧力容器用ガスボンベ、各種電力家庭用設備の製品追跡、資産管理、物流管理、自動車部品の工程管理にも適しています。

 

8.23 5.jpg

 

セラミックス耐金属ラベル

 

特殊セラミックス基材パッケージを採用し、金属物質の表面に取り付けることができ、強い防食性を有し、劣悪な作業環境に適用することができます。主に部品追跡、資産管理に応用されます。

 

8.23 6.jpg

 

フレキシブルメタルラベル

 

先進的な抗金属アンテナ設計を採用し、一定の柔軟性を持ち、弧度の大きい被貼り付け物を貼り付けることができ、資産管理に適しています。電子、金属設備の管理及び棚卸し。金属にラベルを貼っても読み取れない問題を解決します。

 

8.23 7.jpg

 

フレキシブルメタルレジストラベル(印刷可能)

 

一定の柔軟性があり、曲げ可能で、金属表面に比較的に良い抗金特性、性能が優れ、方向性が良く、読み取り距離が遠いなどの利点があり、金属シリンダなどの曲面資産に貼り付けるのに適し、RFID資産管理、シリンダ追跡、交通制御、物流管理、危険品管理などの方面に応用できます。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。