プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

一般的なパッチダイオードの特徴
2022-10-27
View:37
Author:ipcb      Share

1.定電圧ダイオードはプリント基板アセンブリにとって、重要な電子部品です。それに、PN接合の逆破壊特性によって表現された定電圧性能を利用して作られたデバイスであり、ツェナーダイオードまたは逆破壊ダイオードとも呼ばれ、回路において安定電圧として作用します。ダイオードが逆方向に破壊された後、一定の逆方向電流範囲内で逆方向電圧が逆方向電流に従って変化しないという特徴を利用して定電圧されています。通常、シリコン半導体材料は合金法または拡散法を用いて作られます。通常のダイオードの一方向導電特性と逆破壊状態の両方で動作することができます。現在、低温度係数のレギュレータ管は2本のレギュレータ管が逆直列に接続されており、2本のレギュレータ管が正逆動作状態にあるときに正、負の異なる温度係数を持つことで、良好な温度補償を得ることができます。

 

2.高速ダイオードは高速回復ダイオードとショットキーダイオードを含み、主に高周波整流回路、高周波スイッチング電源、高周波抵抗容量吸収回路、インバータ回路などに応用されます。

 

ダイオード


高速ダイオードは逆回復時間が10 nsに達し、スイッチング特性が良く、逆回復時間が短いという特徴を持つ半導体ダイオードであり、主にスイッチング電源、pwmパルス幅変調器、周波数変換器などの電子回路に応用され、高周波整流ダイオード、還流ダイオードまたは減衰ダイオードとして使用されます。

 

ショットベース管は金属と半導体が接触して形成された障壁層を基礎として作られ、主な特徴は順方向オン電圧降下が小さく(約0.45 v)、逆方向回復時間が短く、スイッチング損失が小さく、低消費電力、超高速半導体装置であり、スイッチング電源、インバータ、ドライバなどの回路に広く応用され、高周波、低電圧、大電流整流ダイオード、還流ダイオード、保護ダイオードとして使用され、あるいはマイクロ波通信などの回路で整流ダイオード、小信号検波ダイオードとして使用します。

 

3.整流ダイオード構造はプリント基板アセンブリにおいて一般的なダイオードです。主に平面接触型であり、その特徴は通過を許可する電流が比較的に大きく、逆破壊電圧が比較的に高く、処理周波数が高くない回路に広く応用されています。整流ダイオードの使用において主に考慮される問題は、最大整流電流と最高逆動作電圧が実際の動作中の値よりも大きくなければならないことです。