プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - HDI基板と通常の基板の違い

PCB技術

PCB技術 - HDI基板と通常の基板の違い

HDI基板と通常の基板の違い
2023-05-08
View:551
Author:ipcb      文章を分かち合う

HDI基板とは英語でHigh Density Interconnector、すなわち高密度配線板は、マイクロブラインド穴埋め技術を用いた比較的線路分布密度の高い回路基板である。HDIとは内層線路と外層線路があり、ドリル、孔内金属化などのプロセスを再利用して、各層線路内部を連結させる。

 

HDI基板は一般的に積層法を用いて製造され、積層の回数が多ければ多いほど、板材の技術レベルは高くなる。一般的なHDI基板は基本的に1次積層であり、高次HDI2次以上の積層技術を採用し、同時に積層孔、めっき穴埋め、レーザー直接穴あけなどの先進的なPCB基板技術を採用している。

 

PCB基板の密度が8層板を超えると、HDIで製造され、そのコストは従来の複雑な圧着プロセスよりも低くなる。HDI基板は先進的な構造技術の使用に有利であり、その電気性能と信号の正確性は従来のPCB基板よりも高い。また、HDI基板は無線周波数干渉、電磁波干渉、静電放出、熱伝導などに対してより良い改善を有する。

 

電子製品は絶えず高密度、高精度に発展しており、いわゆる「高」とは、機械の性能を高める以外に、機械の体積を縮小しなければならない。高密度集積(HDI)技術は端末製品の設計をより小型化し、同時に電子性能と効率のより高い基準を満たすことができる。携帯電話、デジタル(撮影)カメラ、ノートパソコン、カーエレクトロニクスなど、現在流行している電子製品の多くはHDIボードを使用している。電子製品のモデルチェンジと市場の需要に伴い、HDI基板の発展は非常に急速になるだろう。

 

プリント基板

 

一般PCB紹介

 

PCB基板(Printed Circuit Board)は、中国語ではプリント配線板、プリント配線板とも呼ばれ、重要な電子部品であり、電子部品の支持体であり、電子部品の電気的接続の支持体である。電子印刷法を用いて作られたため、「印刷」回路基板と呼ばれている。

 

その作用は主に電子機器がプリント基板を採用した後、同類のプリント基板の一致性のため、それによって人工配線の誤りを回避し、そして電子部品の自動挿着あるいは貼付、自動半田付け、自動検査を実現し、電子機器の品質を保証し、労働生産性を高め、コストを下げ、修理を容易にした。 

プリント基板

 

HDI基板、すなわち高密度配線板であり、盲孔めっき再二次圧着の板はすべてHDI板であり、iPhone 6のマザーボードのように1次、2次、3次、4次、5次などのHDIに分かれている。

 

単純な埋め穴はHDIとは限らない。

 

HDI 基板の1次と2次と3次をどのように区別するか。

 

1階の方が簡単で、流れもプロセスも制御しやすい。

 

2階のは面倒になり始めました。1つは位置合わせの問題、1つは穴あけと銅めっきの問題です。二次の設計には様々な種類があり、一つは各階が位置をずらして、二次隣接層を接続する必要がある時に導線を通じて中間層で連通して、やり方は2つの一次HDIに相当する。

 

2つ目は、2つの1階の穴が重なり合って、重ね合わせ方式で2階を実現して、加工も2つの1階に似ていますが、特に制御しなければならない技術的なポイントがたくさんあります。つまり、上記のものです。

 

3つ目は、外層から3層目(またはN-2層)に直接穴をあけることで、前とはプロセスが異なり、穴をあけることの難易度も高くなります。

 

三次の場合は二次類推である。

プリント基板

一般的なPCB材質はFR-4を主とし、エポキシ樹脂と電子級ガラスクロスを圧着したものである。一般的に伝統的なHDIとは、外側にバックゴム銅箔を使用しなければならない。レーザードリルでは、ガラスクロスを通すことができないため、一般的にはガラス繊維のないバックゴム銅箔を使用するが、現在の高エネルギーレーザードリルでは1180ガラスクロスを打ち抜くことができる。これでは普通の材料と何の違いもありません。