プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - 液晶ディスプレイ基板洗浄廃水処理

PCB技術

PCB技術 - 液晶ディスプレイ基板洗浄廃水処理

液晶ディスプレイ基板洗浄廃水処理
2023-10-12
View:122
Author:ipcb      文章を分かち合う

液晶ディスプレイ基板洗浄廃水ソリューションプロセス:

 

イオン交換樹脂を用いて電子工業の超純水を製造する伝統的な水処理方式は、原水→多媒体フィルタ→活性炭フィルタ→精密フィルタ→中間タンク→陽床→陰床→混合床(複床)→超純水タンク→超純水ポンプ→後置保安フィルタ→用水点、

 

逆浸透水処理とイオン交換を組み合わせて電子工業用超純水を製造する方法を採用し、その基本プロセスは:原水→多媒体フィルタ→活性炭フィルタ→精密フィルタ→中間タンク→逆浸透→混合床(複床)→超純水タンク→超純水ポンプ→後置保安フィルタ→用水点、基盤 清掃

 

逆浸透と電気脱イオン(エディ)を組み合わせて電子工業の超純水を製造する方法を採用し、これは超純水を製造する最新技術であり、環境保護、経済、発展潜在力の大きい超純水製造技術でもあり、その基本プロセスは、原水→多媒体フィルタ→活性炭フィルタ→精密フィルタ→中間水タンク→逆浸透→電気脱イオン(エディ)→超純水タンク→超純水ポンプ→後置保安フィルタ→水点である。基盤 清掃

 

液晶ディスプレイ基板洗浄廃水プロセス比較:

 

現在、電子工業用超純水を製造するプロセスは基本的には以上の3種類であり、残りのプロセスの大部分は以上の3種類の基本プロセスに基づいて異なる組み合わせを行って派生したものである。次に、それぞれの長所と短所を以下に示します。

 

1種のイオン交換樹脂の採用の利点は初投資が少なく、占用する場所が少ないことにあるが、欠点は常にイオン再生を行う必要があり、大量の酸塩基を消費し、しかも環境に一定の破壊があることである、

 

第二に、前処理として逆浸透を採用してイオン交換を配合し、その特徴は初投入がイオン交換樹脂方式を採用するより高いが、イオン再生周期は相対的に長く、消費される酸塩基は単純にイオン樹脂を採用する方式よりずっと少ない。しかし、環境には一定の破壊性があります。

 

第三種は逆浸透を用いて前処理を行い、電気脱イオン(エディ)装置を配合し、これは現在超純水を製造するのが最も経済的で、最も環境に優しく超純水を製造するための技術であり、酸塩基で再生する必要がなく、連続的に超純水を製造することができ、環境に破壊性はない。その欠点は、初投資が相対的に以上の2つの方式に比べて高すぎることにある。

基盤 清掃

 

液晶ディスプレイ基板洗浄廃水ソリューションの利点:

 

液晶ディスプレイ基板洗浄廃水解決方案には液位制御システム、高低圧ポンプには高低圧圧力保護装置、オンライン水質検査制御計器、電気にはPLCプログラマブルコントローラを採用し、真に無人を実現し、同時に技術選材に推薦と顧客要求が統一された方法を採用し、その他の同類製品と比較して、より高い性価格比と信頼性を有する。