プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - 現代電子におけるPCBラミネート基板の基本的な役割

PCB技術

PCB技術 - 現代電子におけるPCBラミネート基板の基本的な役割

現代電子におけるPCBラミネート基板の基本的な役割
2024-07-02
View:38
Author:Leota      文章を分かち合う

ラミネート基板は、基板とも呼ばれ、本質的には補強材(通常はガラス繊維)と接着樹脂(最も一般的にはエポキシ樹脂、フェノール樹脂またはPI)からなる複合材料である。

 

ラミネート基板タイプ

1.有機ラミネート基板:これらの積層板はほとんどのPCB基板を含み、エポキシ樹脂、フェノール樹脂、ポリイミド樹脂などの有機材料とガラス繊維などの補強材料を組み合わせて使用する。

 

2.無機ラミネート基板:これらの積層板は、セラミックス充填ポリテトラフルオロエチレンやアルミナ充填エポキシ樹脂などの無機材料を使用する。

 

ラミネート基板特性

1.       DK:これは電界に対するラミネート基板の絶縁能力を測定した。より低い誘電率は、より良い絶縁性とより速い信号伝送を表す。

 

2.       熱伝導率:積層板の放熱能力を指す。高い熱伝導性はPCBが最適な温度で動作することを確保し、過熱と潜在的な損傷を防止する。

 

3.       CTE:加熱時に材料が膨張する程度を測定する。低CTEは、異なる温度でPCBのサイズと完全性を維持することを保証します。