プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB層を区別する方法
2020-09-02
View:237
Author:Holia      Share

集積回路技術の急速な発展に伴い、回路基板の層数も、元の単層および二重層基板から10層以上またはそれ以上にまで発展しました。したがって、多くの人がPCB層の数を区別することは困難です。層数が多いほど、PCB層数の区別が難しくなります。したがって、回路基板の専門家は、PCB 層の数を区別するための高速な方法を習得する必要があります。




回路基板自体の基板は、絶縁性で非曲げ性の材料でできています。表面に見える小さな回路材料は銅箔です。もともとは回路基板全体を銅箔で覆っていましたが、製造過程で一部がエッチングされ、残りの部分が細い線のネットワークになりました。これらの回路はワイヤまたは配線と呼ばれ、回路基板上の部品への回路接続を提供するために使用されます。通常、回路基板の色は、はんだマスクの色である緑または茶色です。銅線を保護し、部品が間違った場所に溶接されるのを防ぐことができる絶縁保護層です。現在、マザーボードとグラフィックカードは多層基板を使用しており、配線の面積が大幅に増加しています。多層ボードは、より多くの片面または両面配線ボードを使用します。



PCB


PCB ボードの層数は、いくつかの独立した配線層を表しています。通常、レイヤーの数は均等で、最も外側の2つのレイヤーが含まれます。一般的なPCBボードは、通常4〜8層の構造です。PCBの断面を見ると、PCBの多くの層を区別できます。しかし、実際には、誰もそのような良い目を持っていません。それでは、PCB層の数を区別する方法を教えましょう。




多層基板の回路接続は、埋め込み穴および止まり穴技術を介して行われます。メインボードとディスプレイカードは主に4層PCBを使用し、一部は6層、8層、さらには10層PCBを使用します。PCB層の数を区別したい場合は、パイロットホールを観察することでそれらを識別できます。マザーボードとディスプレイカードで使用される4層ボードは、層1と4の配線であり、他の層には他の用途があるためです。 (アース線と電源)。したがって、2層ボードと同様に、パイロット穴はPCBボードを貫通します。PCBの前面にいくつかのパイロット穴があり、裏面に見つからない場合は、6/8層のボードである必要があります。PCBの両側に同じ下穴が見つかった場合 、4層PCBになります。一方、PCBが光源に面している場合は、光源ボードの位置を識別できることを意味します。