プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

電源装置LDOとDC/DC選び方知ってる?
2021-08-12
View:24
Author:ipcb      Share

组立プリント回路基板の設計でよく使われる電源デバイスは,DC/DCとLDOの2種類しかない。電源デバイスのLDOやDC/DCについて,PCBの設計でどのように選択するかを紹介しよう。


LDOは一種の低圧差線形調整器で、あるいは低電圧降下装置と呼ばれ、それは一般に降圧が必要な場合に使用され、コストが低く、騒音が低く、静的電流が小さいなどの利点があります。外接素子も少なく、バイパス容量が1 ~ 2個しか必要としないことが多い。


LDO線形調整器の性能がこのレベルに達した主な理由は、PチャネルMOSFETを使用した調整管を使用したことにある。PチャネルMOSFETは電圧駆動で電流を必要としないため,デバイス自体が消費する電流を大幅に低減する。また、PチャネルMOSFET上の電圧降下は、出力電流とオン抵抗との積にほぼ等しい。MOSFETはオン抵抗が小さいので,その上の電圧降下が非常に低い。


1628731274(1).png


DC/DCとは直流変直流(異なる直流電源値の変換)という意味で、この定義さえ合えばすべてLDOを含むDC/DCコンバータと呼ぶことができる。しかし一般的には直流変流をスイッチ方式で実現したものをDC/DCと呼ぶ。


DC/DCは,昇圧,降圧,昇/降圧および逆等しい回路を含む。DC/DCコンバータの利点は,効率が高く,大電流を出力でき,静的電流が小さいことである。集積度の向上に伴って,多くの新型DC/DC変換器は,外付けインダクタとフィルタ・コンデンサを数個必要とするだけである。しかし、これらの電源制御装置は出力脈動やスイッチングの騒音が大きく、コストがかかる。


组立プリント回路基板設計の中で、電源デバイスはどのように選択型


入力電圧と出力電圧が近ければ、LDO調整器を使う方が効率が良く、何よりコストが安い。LDOを適用する場合をまとめた同業の牛人がいます。


1 .電源ノイズ抑制と紋波抑制の高い要求を必要とする制品


2、PCB板の面積が小さくて、例えば携帯電話などの手に持った電子制品


3、電気回路の電源はインダクタを使用することができません、例えば携帯電話などの制品


4、電源は瞬時較正と出力状態の自検机能が必要


5、調整器の低電圧降下を要求して、自身の電力消費量の低い制品


6、ラインコストの低さとシンプルな制品を要求する


入力電圧と出力電圧の差が大きかったり、電圧降下が大きかったりする場合は、スイッチ型のDC/DCを考えましょう。LDOの入力電流は基本的に出力電流に等しいので、電圧降下が大きすぎるとLDOにエネルギーがかかりすぎて効率がよくないので、DC/DCが適しています。DC/DCは高効率で大電流を出力できるが、同時に出力干渉が大きく体積も大きいためコストがやや高い。まとめると、昇圧は必ずDC/DC、降圧はDC/DCなのかLDOなのか、コスト、効率、ノイズ、性能を比較して分析します。


記事は(www.ipcb.jp)から愛彼回路は専門の高精密回路基板開発生産メーカーで、4-46層回路基板、回路基板、HDI回路基板、组立プリント回路基板、ICパッケージ基板、ICテスト板、多層回路基板、混圧回路を量産することができる基板、高周波回路基板、FPCB基板などです。 文章はインターネットのプラットフォームに由来して、権利侵害がある場合は、管理者に連絡して対応して削除します。