プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB層の定義
2022-06-24
View:171
Author:ipcb      Share

溶接抵抗層solder maskとは、プリント基板に緑の油を塗らなければならない部分を指します。ネガ出力なので、実際にsolder maskがある部分は実際には緑ではなく錫メッキで銀白色になっています。

 

溶接補助層:paste maskは、マシンパッチの際に使用されるもので、すべてのパッチ要素に対応するパッドのもので、toplayer/bottomlayer層と同じ大きさで、鋼網の錫漏れを開くために使用されます。

 

要点:2つの層はすべて錫メッキを使って、1つは錫メッキを使って、1つはソルダーマスクを使うことを指すのではありません。では、ソルダーマスク層を意味する層はありますか。ある領域にその層がある限り、この領域はソルダーマスク剤で絶縁されていることを意味しますか。しばらくこのような層に会っていません私たちが描いたPCBボードは、上のパッドがデフォルトでsolder層を持っているので、作られたプリント基板のパッド部分は銀白色のはんだがかかっていて、ソルダーマスク剤が付いていないのは不思議ではありません。しかし、私たちが描いたPCB板にあった配線部分は、toplayerまたはbottomlayer層だけで、solder層はありませんが、作られたPCB板にソルダーマスク剤が塗ってあります。

 

言い換えると、それは次のように理解できます。

 

1、ソルダーマスク層の意味は、ソルダーマスク剤を使って、PCBの全体に窓を開けることであり、溶接を許可することを目的としています。

 

2、デフォルトでは、ソルダーマスク層のない領域はすべてソルダーマスクにしなければなりません。

 

3paste mask層はパッチパッケージ用。SMTパッケージは、toplayer層、topsolder層、toppaste層、そしてtoplayertoppasteと同じ大きさで、topsolderはそれらより一回り大きいです。DIPパッケージは、topsoldermultilayer層(分解して、multilayer層が実はtoplayerbottomlayertopsolderbottomsolder層の大きさが重なっていることを発見した)だけで、topsolder/bottomlayertoplayer/bottomlayerより一回り大きいです。

 

疑問:「ソルダー層に対応する銅積層は銅があるから錫メッキや金メッキができる」という言葉は正しいですか。

 

この言葉はPCB工場で働いている人が言ったもので、solder層に描かれた部分を作る効果が錫めっきであるためには、対応するsolder層の部分に銅が必要です(すなわち、solder層に対応する領域にtoplayerまたはbottomlayer層の部分が必要です)。現在、私はsolder層の対応する銅の積層は銅があって初めて錫や金メッキをすることができますという結論を出しました。ソルダー層はソルダーマスク剤を使わない領域を表しています。

 

Mechanical:機械層

keepout layer:配線禁止層

top overlay:トップシルクスクリーン層

bottom overlay:下地シルクスクリーン層

トップパッド層

bottom paste:下地パッド層

top solder:トップソルダーマスク層

bottom solder下地ソルダーレマスク層

drill guide:ビアガイド層

drill drawing:ビアドリル層

マルチレイヤ:多層

 

機械層はPCB板全体の外観を定義するものであり、実際には機械層というときはPCB板全体の外形構造を指します。禁止配線層は私たちが電気特性の銅を布際の境界を定義、つまり私たちが先に禁止配線層を定義した後、私たちが以降の布過程で、布した電気特性を有する線は禁止配線層の境界を超えることはできません。topoverlaybottomoverlayは、トップとボトムを定義するシルク印刷文字で、PCBボードで一般的に見られる部品番号と一部の文字です。toppastebottompasteは最下層のパッド層であり、外に露出している銅白金を意味します。(例えば、私たちは最上階の配線層に1本の導線を描きました。この導線はPCBで見たのは1本の線だけで、それは全体の緑に覆われていますが、私たちはこの線の位置にあるtoppaste層に四角形を描いたり、1つの点を描いたりして、出てきた板の上のこの四角形とこの点は緑ではなく、銅でした。top solderbottomsolder2つの層は前の2つの層と逆になったばかりで、このようにすることができますつまり、この2つの層は緑の層を覆うことであり、multilayerという層は実際には機械層とは違いがありません。

 

top solderbottomsolder2つの層は前の2つの層と反対になったばかりで、この2つの層はソルダーマスク剤をかぶせる層であると言えます。ネガ出力なので、実際にsolder maskがある部分は実際には緑ではなく錫メッキで銀白色になっています。

 

1 Signal layer(信号層)

 

信号層は、主に回路基板上の配線を配置するために用いられます。Protel 99 SEは、Top layer(最上位層)、Bottom layer(最下位層)、30MidLayer(中間層)を含む32の信号レイヤを提供します。

 

2 Internal plane layer(内部電源/接地層)

 

Protel 99 SE16個の内部電源層/接地層を提供する.このタイプの層は多層板にのみ使用され、主に電源線と接地線を配置するために使用されます。二層板、四層板、六層板と呼ばれ、一般的に信号層と内部電源/接地層の数を指します。

 

3 Mechanical layer(機械層)

 

Protel 99 SEは、回路基板の外形寸法、データマーカー、アラインメントマーカー、組立説明、その他の機械情報を設定するために一般的に使用される16の機械層を提供します。これらの情報は、設計会社やPCB製造メーカーの要求によって異なります。メニューコマンドDesign|MechanicalLayerを実行すると、回路基板により多くの機械層を設定できます。また、機械層は、他の層に付加されて表示を出力することができます。

 

4 Solder mask layer(ソルダーマスクレイヤー)

 

パッド以外の各部位には、これらの部位にスズが付着するのを阻止するためのアンチハンダ塗料などの塗料が塗布されています。ソルダーマスク層は、設計中にパッドをマッチングするために使用され、自動的に生成されます。Protel 99 SEは、Top Solder(最上位)とBottom Solder(最下位)の2つのソルダーレジスト層を提供します。

 

5 Paste mask layer(錫ペースト保護層、SMDパッチ層)

 

これは、機械溶接時に対応する表面貼付式要素のパッドとは異なり、ソルダーマスク層の役割と似ています。Protel 99 SEは、Top Paste(最上位)とBottom Paste(最下位)の2つの錫膏保護層を提供しています。

 

主にPCBボード上のSMDコンポーネントを対象としています。プレートがすべてDip(貫通穴)構成部品で配置されている場合、このレイヤはGerberファイルを出力する必要はありません。SMD素子をPCBボードに貼り付ける前に、SMDパッドごとに錫ペーストを塗布しなければならず、錫を塗布するための鋼網にはこのPaste Maskファイルが必要であり、フィリングフィルムが加工できます。

 

Paste Mask層のGerber出力の重要な点は、この層が主にSMD素子を対象としていることを明らかにするとともに、この層を上記で紹介したSolder Maskと比較して、2つの異なる作用を明らかにすることです。フィリングフィルム図から見ると、この2つのフィルム図はよく似ているからです。

 

6 Keep out layer(配線禁止層)

 

回路基板上に構成部品と配線を効率的に配置できる領域を定義するために使用されます。レイヤには配線有効領域として閉領域が描画され、その領域の外では自動レイアウトや配線はできません。

 

7 Silkscreen layer(シルクスクリーン層)

 

シルク印刷層は、主に、部品の輪郭や寸法、各種注釈文字などの印刷情報を配置するために使用されます。Protel 99 SEは、Top OverlayBottom Overlay2つのシルクプリント層を提供します。一般的に、さまざまなマークアップ文字はトップレイヤにあり、ボトムレイヤはオフにすることができます。

 

8 Multi layer(多層)

 

回路基板上のパッドと貫通式ビアは回路基板全体を貫通し、異なる導電パターン層と電気的接続関係を構築するため、システムは抽象的な層-多層を専門に設置しました。一般的に、パッドとビアは多層に設置されており、この層を閉じると、パッドとビアは表示されません。

 

9 Drill layer(ドリル層)

 

ドリル層は、回路基板の製造過程におけるドリル情報を提供します(パッドなど、穴を開けるにはドリルが必要)。Protel 99 SEは、Drillgride(ドリル指示図)とDrill drawing(ドリル図)の2つのドリル層を提供します。

 

  (株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。