プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

LED駆動設計の5つの注意点
2022-07-05
View:44
Author:ipcb      Share

1、チップ発熱

 

これは主に内蔵電源変調器の高圧を対象としています。チップの消耗電流が2 mAで、300 Vの電圧がチップに印加されていれば、チップの消耗電力は0.6 Wであり、当然チップの発熱を引き起こします。駆動チップの大きな電流は駆動電力MOS管の消費から来る簡単な計算式はI=cvf(充電の抵抗効果を考慮して、実際のI=2 cvf、その中でcは電力MOS管のcgs容量、vは電力管が導通する時のgate電圧であるため、チップの消費電力を下げるためには、cvfを減らす方法を考えなければなりません。cvfが変えられない場合は、チップの消費電力をチップ外のデバイスに分ける方法を考えて、余分な消費電力を導入しないように注意してください。もっと簡単にすると、より良い放熱を考慮することでしょう。

 

2、パワーチューブ発熱

 

この問題については、パワーチューブの消費電力は、スイッチング損失とオン損失の2つの部分に分かれています。多くの場合、特にLEDの市電駆動用途では、スイッチの損傷が導通損失よりはるかに大きいことに注意しなければなりません。スイッチング損失は電力管のcgdcgs及びチップの駆動能力と動作周波数と関係があるので、電力管の発熱を解決するには、内部抵抗が小さいほどcgscgdの電気容量が大きいため、導通抵抗の大きさに応じてMOS電力管を一方的に選択することはできません。例えば、1 N 60cgs250 pF前後、2 N 60cgs350 pF前後、5 N 60cgs1200 pF前後で、差が大きすぎて、電力管を選択する時、十分であればいいです。B、あとは周波数とチップ駆動能力ですが、ここでは周波数の影響だけを話します。周波数は導通損失にも比例するので、電力管が発熱する場合は、まず周波数選択が少し高いかどうかを考えなければなりません。周波数を下げる方法を考えよう!ただし、周波数が低下すると、同じ負荷能力を得るためにピーク電流が大きくなるか、インダクタンスが飽和領域に入る可能性があるので注意してください。インダクタンス飽和電流が十分に大きい場合は、CCM(連続電流モード)をDCM(非連続電流モード)に変更することを考えると、負荷容量を1つ増やす必要があります。

 

3、動作周波数のダウンコンバート

 

これもユーザーがデバッグ中によく見られる現象であり、周波数ダウンは主に2つの側面に起因しています。入力電圧と負荷電圧の割合が小さく、システム干渉が大きいです。前者の場合は、負荷電圧を高く設定しすぎないように注意してください。負荷電圧が高いと効率が高くなりますが。後者については、a、非常に小さな電流を設定する再小点、b、配線の清潔点、特にsenseという重要な経路、c、インダクタンス選択の小点又は閉磁路のインダクタンスを選択する、dRCローパスフィルタをかけましょう。この影響は少しよくありません。Cの一致性が悪く、偏差が少し大きいですが、照明には十分なはずです。いくら周波数を下げてもメリットがなく、デメリットしかないので、必ず解決しなければなりません。

 

4、インダクタンス又は変圧器の選択

 

多くのユーザーが反応し、同じように、aで生産されたインダクタンスは問題なく、bで生産されたインダクタンス電流は小さくなった。このような場合は、インダクタンス電流波形を見てみましょう。エンジニアの中には、この現象に気づかずに、sense抵抗を直接調整したり、動作周波数が必要な電流に達したりすることもあり、LEDの使用寿命に深刻な影響を与える可能性があります。したがって、設計前には合理的な計算が必要であり、理論計算のパラメータとデバッグパラメータが少し離れている場合は、周波数降下と変圧器が飽和しているかどうかを考慮しなければなりません。変圧器が飽和するとLが小さくなり、送信delayによるピーク電流の増分が急激に上昇すると、LEDのピーク電流も増加します。平均電流が変わらない前提では、光が衰えるのを見るしかないです。

 

5LED電流の大きさ

 

LEDrippleが大きすぎると、LEDの寿命が影響を受け、どのくらい影響を受けるかはよく知られていますが、どの専門家も言ったことがありません。以前LED工場にこのデータを聞いたことがありますが、30%以内なら受け入れられると言われましたが、その後は検証されていません。できるだけ小さい点を抑えることをお勧めします。もし放熱がうまくいかなければ、LEDは必ず減額して使用しなければなりません。具体的な指標を与えたり、LEDの普及に影響を与えたりする専門家もほしいです。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。