プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCBミッシングホールの製造過程
2022-12-09
View:90
Author:ipcb      文章を分かち合う

ミッシングホールとは

 

PCB基板のエッジの穴または貫通穴に対してメッキ黒鉛化を行います。板の縁を切断して一連の半孔を形成します。これらの半孔は私たちが言っているミッシングホールパッドです。

 

1、ミッシングホールの欠点

 

PCB基板が分かれて鋸状になっている形を犬歯状と呼ぶ。ケースに当たりやすく、はさみで切る必要がある場合があります。だから設計過程では位置を残しておき、一般的には板を縮小します。

 

②コストを増やす。ミッシングホールの最小値は1.0 MMで、この1.0MMPCB基板のコストに計算されています。

 

2、ミッシングホールの役割

 

一般的にPCBV-CUTで、異型や円型の板に触れるとミッシングホールが使用される可能性があります。プレートとプレート(または空プレート)の間はミッシングホールで接続され、主に支持の役割を果たし、プレートが散らないです。型を開けると型が崩れないです。最も一般的なのは、Wi-FiBluetooth、コアボードモジュールなどのPCB独立モジュールを作成し、PCBの組み立て中に別のボードに置く独立部品として使用することです。

 

3ミッシングホールの一般的な間隔

 

0.55 mm ~~ 3.0 mm(具体的には状況に応じて、常用1.0 mm1.27 mm)。

 

ミッシングホールは主に何種類のタイプがありますか。

 

①半孔

 

12.9 1 .jpg


 

②半孔より小さい孔

 

12.9 2.jpg


 

PCB基板のエッジに接する穴

 

12.9 3.jpg


 

4、ミッシングホールの要求

 

PCB回路基板の必要性と最終用途に応じて、いくつかの設計プロパティを満たす必要があります。例:

 

①サイズ:できるだけ大きいサイズを使用することをお勧めします。

 

②表面処理:回路基板の最終用途にもよりますが、ENIGを使用することをお勧めします。

 

OLパッド設計:トップとボトムにできるだけ大きなOLパッドを使用することをお勧めします。

 

④穴の数:これは設計による、しかし、穴の数が少ないほど、PCB組み立てプロセスが困難になることはよく知られています。

 

標準PCBと高級PCBはいずれも半めっき孔を提供します。標準PCB設計では、C字穴の最小直径は1.2 mmです。小さなC字穴が必要な場合は、2つの半めっき穴の間の最小距離は0.55 mmです。

 

12.9 4.jpg

 

ミッシングホールの製造過程とは

 

まず、PCBのエッジに電気メッキスルーホール全体を通常通り制作します。次に、フライス工具を使用して穴を銅とともに半分に切ります。銅はより研削しにくく、ドリルが破断する可能性があるため、より高速で重フライスドリルを使用します。これにより、より滑らかな表面を得ることができます。次に、専用ステーションで各半孔を検査し、必要に応じてバリ取りを行います。これで私たちが欲しいミッシングホールを作ることができます。