プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - FPC基板の基本的な知識の紹介

PCB技術

PCB技術 - FPC基板の基本的な知識の紹介

FPC基板の基本的な知識の紹介
2023-03-20
View:530
Author:ipcb      文章を分かち合う

FPC基板(Flexible Printed Circuitの略称)は電子業界の基礎製品で、通信設備、コンピュータ、自動車電子と工業装備及び各種家庭電器などの電子製品に広く応用されており、その主な機能は回路部品と相互接続回路部品を支持することです。FPC基板はプリント基板の大きなクラスです。フレキシブル基板メーカーはFPCフレキシブルプリント基板の構造に基づいて、導体層数によって単板、二板、多層板に分けることができます。

 

フレキシブル基板

図1 フレキシブル基板

 

FPC基板の基本知識

 

1)フレキシブル銅被覆板(FCCL):片面が銅箔を被覆するか、両面が銅箔を被覆するかの違いによって片面銅被覆板、両面銅被覆板と呼ばれます。銅箔と基材フィルムとの接着剤の有無の違いによって、有膠被覆銅板、無膠被覆銅板と呼ばれます。フレキシブル銅被覆板の構造は可撓性銅被覆板の基材フィルムには、ポリイミド(PI)、ポリエステル(PET)、ポリエチレン26ナフタレート(PEN:)、液晶ポリマー(LCP)などの高分子フィルムがよく用いられます。銅被覆板はプリント基板全体にわたって、主に導電、絶縁、支持の3つの方面の機能を担っています。プリント配線板の性能、品質、製造過程における加工性、製造コスト、製造レベルなどは、銅被覆板の性能に大きく依存します。

 

2)被覆フィルム:有機薄膜とバインダーからなります。被覆膜の役割は、完成したフレキシブル回路導体部分を保護することです。接着フィルムには、基材フィルムと接着剤のタイプと厚さの規格が異なります。FPCフレキシブル回路基板の表面には被覆膜を使用せず、コストを削減するためにコーティングソルダーレジストを使用しているものもあります。

 

3)接着フィルム:1つの基材フィルムの両面または片面に接着剤をキャストして形成され、基材なしの純接着剤層もある接着フィルムです。接着フィルムには接着剤のタイプや厚さの規格が異なります。接着フィルムは、多層板の層間接着と絶縁のためのものです。

 

4)銅箔:電解銅箔と圧延銅箔があり、異なる銅箔厚さ仕様です。銅箔は、多層プリント基板を製造する際に2つの表面導体層に使用されます。

 

また、FPCフレキシブル回路基板の中には、金属シート、プラスチックシート、樹脂フィルム、エポキシガラス基材などの補強板(Stiffener)材料を用いるものもあります。補強材の役割は、支持および固定のためにフレキシブル回路基板の部分を補強することです。FPCフレキシブル基板がすべて使用されているわけではないので、単消費基準には含まれていません。