プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - 高圧セラミックコンデンサの基礎知識紹介

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - 高圧セラミックコンデンサの基礎知識紹介

高圧セラミックコンデンサの基礎知識紹介
2023-05-23
View:181
Author:Leota      文章を分かち合う

コンデンサの業界では、コンデンサによって異なる用途がpcbにあり、それぞれに独自の利点があり、機械設備に広く使用されています。しかし、コンデンサの知識をあまり知らない人も多いので、高圧セラミックコンデンサについて解説します。

 

高圧セラミックコンデンサ

 

高圧セラミックコンデンサ、すなわち電力システムに用いられる高圧セラミックコンデンサ、一般的には電力システムの計量、貯蔵エネルギー、分圧などの製品において、高圧セラミックコンデンサがpcbに用いられる。高誘電率のコンデンサセラミック(チタン酸バリウム一酸化チタン)を円筒管、ウエハ、または円盤に押し出して誘電体とし、銀を焼成法でセラミックにめっきして電極として作製した高電圧セラミックコンデンサコンデンサはLEDランプ業界で広く応用され、軽くない地位にある。

コンデンサ

図1 コンデンサ

高圧セラミック容量分類

 

陶磁器は:I類磁器、II類磁器、III類磁器に分けられる

 

I類磁器:NP 0、温度特性、周波数特性と電圧特性が良く、誘電率が高くないため、容量が大きくない、

 

II類磁器:X 7 R次、温度特性と電圧特性が比較的に良い、

 

III類磁器:誘電率が高いので容量は大きくできますが、温度特性と電圧特性はあまりよくありません。磁器チップコンデンサは一般的に体積が大きくない。また、磁器誘電体キャパシタが破壊されると、短絡状態になることが多いという重要な特徴をさらに強調した。(これが弱点)一方、薄膜コンデンサが故障した後は、一般的に開放状態になる。

 

高圧磁器チップコンデンサの主な役割は高周波干渉を除去できることであり、多くはマイナスイオン製品、レーザー、X線機、制御測定設備、高圧バッグ、点火器、発生器、変圧器、電力設備、倍圧モジュール、溶接機、静電塗装及びその他の高電圧高周波を必要とする電気機械設備に応用されている。

 

高圧セラミック容量の利点

 

1、コンデンサ損失は温度周波数とともに高い安定性を有する

 

2、特殊な直列構造は高電圧極の長期動作信頼性に適している

 

3、高電流上昇速度、そして大電流回路の無感型構造に適用する。

 

高圧セラミックコンデンサとアンカーコンデンサの違い

 

アンカーコンデンサはアンカーを通過する容量であり、一般的にはX容量、Y容量を含む。主に絶縁等級の考慮がある。

 

高圧磁器チップのコンデンサpcbによく使われ、安全規則の認可を得ていないので、整流する前に使用することはできず、右絶縁要求の両端、例えばAC-DCアーキテクチャの12次側にまたがって接続することもできず、Y-CAPを置くことしかできない。