プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBはんだ時の注意事項

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBはんだ時の注意事項

PCBはんだ時の注意事項
2023-06-15
View:101
Author:ipcb      文章を分かち合う

pcb基板のインピーダンスとは、抵抗とインピーダンスに対するパラメータであり、交流電力に対して阻害作用を果たす。pcb基板の生産において、インピーダンス処理は不可欠であり、PCB基板はなぜインピーダンスを行うのか。

 

一、pcb線路(板底)は電子部品の接続とはんだを考慮し、後期のSMTパッチの接続後も導電性と信号伝送性能などの問題を考慮する必要があるので、インピーダンスが低いほど良いことが要求され、特にマイクロ波信号装置は、抵抗率に対する要求は平方センチ当たり1&TIMES未満、10-6以下です。

 

二、pcb基板は生産過程において沈銅、電気錫めっき(或いは化学めっき、或いは熱錫噴霧)、プラグイン半田接合などの技術製作段階を経験しなければならないが、これらの段階で使用される材料はすべて抵抗率の底を保証しなければならず、基板の全体的なインピーダンスが製品品質要求に低く、正常に運行できることを保証することができない。

基板実装

図1 基板実装 

PCB基板にインピーダンスが欠かせない理由

 

三、pcb基板の錫めっきは配線板全体の製作において問題が発生しやすい場所であり、インピーダンスに影響する重要な一環である。化学スズめっき層の欠陥は変色しやすい(酸化しやすい、または潮解しやすい)、ろう付け性が悪いことであり、基板のはんだが難しい、インピーダンスが高すぎると導電性が悪い、または基板全体の性能が不安定になる。

 

四、pcb基板中の導体には各種の信号伝送があり、その伝送速度を高めるためにはその周波数を高めなければならない。配線自体がエッチング、積層厚さ、配線幅などの要素によって異なると、インピーダンス値が変化し、信号が歪み、基板の使用性能が低下するため、インピーダンス値が一定の範囲内にあることを制御する必要がある。