プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - rogers pcbとは

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - rogers pcbとは

rogers pcbとは
2023-10-26
View:129
Author:ipcb      文章を分かち合う

高周波板は特殊な銅被覆板であり、高周波マイクロ波基材を有し、高周波マイクロ波印刷板とも呼ばれ、さらに加工することで高周波PCB板を製造することができる。ロジャーズ高周波材料を用いてロジャーズボードとして製作され、通信基地局やアンテナ航空に広く応用され、需要が高まり、市場の見通しが明るい。

 

基板

図1 基板


世界をリードする特殊板材サプライヤーとして、rogers pcbは世界市場で50%以上のシェアを占めており、基地局アンテナ無線周波数分野で20年の業界経験がある。同社は米国に3つ目の研究開発センターを増設し、5 G製品の研究開発を重点的に配置し、5 Gアンテナの無線周波数に対する高周波板を発売した。5 Gの商用規模の拡大に伴い、同社はまもなく高業績の弾力性を迎える。rogers pcb fabrication

 

高周波板に対する5 Gの需要量は大きいことが市場で認識されているが、基地局アンテナ用のrogers pcbに最大の需要弾性が理解されていない。5 G応用周波数帯が4 Gより高いため、ミリ波に適応するロジャーズボードが必要であり、アンテナの発展傾向は多収多発及び小型化に移り、アンテナポート数は従来の4ポート、8ポートから64ポート、128ポートに増加し、アンテナ応用のrogers pcb需要量は急増している。

 

産業調査を経て、保守的に5 Gアンテナ初期化材料の購入コストは4 Gマルチモードアンテナの3-4倍であり、rogers pcbのマルチ受信マルチアンテナにおける使用数はマルチモードアンテナよりも高いため、5 G基地局アンテナの高周波ボード応用市場空間は少なくとも4-6倍拡大した。5 G商用時代の到来に伴い、ロジャーズボード市場の将来性は広い。