プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBメタルマスクの制作手順とは

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBメタルマスクの制作手順とは

PCBメタルマスクの制作手順とは
2024-02-28
View:54
Author:Leota      文章を分かち合う

. メタルマスクを張る

 

網を張るステップ:網枠の整理--水平検査・校正--下層ゴムを塗る--網を引く--張力を測定する--接着剤を塗る--下網、縁を封じる--保存する。

 

1.網枠の繰り返し使用により、網枠の周囲に残存する接着剤、網糸などの雑物があり、網糸と網枠の接着力に影響を与えないようにきれいに除去しなければならない。

 

2. メタルマスクをプラットフォームに置く(水平が必要)メタルマスクが変形しているかどうかをチェックし、変形があれば平坦化処理を行う必要がある。

 

3.網枠と網糸の接合面溥を変形させずに硬化剤を添加しない糊を均一に塗布し、引き網後の網糸と網枠の接着力を強化する。

 

4.接着剤を塗布してから約10分後、メタルマスクを網棚に置き、相対的な位置と高さを調整する

 

5.メッシュを選択し、周囲のニップを緩め、フレームに網糸を平らに敷き、それから網糸を均一にニップに挟み、しわができないように注意し、四角に緩い網糸が必要で、ニップは必ずロックしなければならず、クリップとクリップの間に隙間があってはならない(自動リフト、手動引き網が例)。

 

6. メタルマスク:次張力265分間静置張力24、第2次張力285分間静置張力26、第3次張力325分間静置張力304回目の5点張力32を補正し、20分間静置した後にゴム張力30を上昇させる、15分間ゲル硬化下ネット張力2872時間静置した後にネット版を作成することができる(1メートル×1メートル全自動生産ラインでネット版を使用した場合)。縦方向と横方向に同期して開き、必要な張力まで引っ張るとブラシ接着剤、常用網糸張力は(100 T110 T120 Tはすべて30±2ニュートン)(77 T51 Tはすべて35±2ニュートン)(24 T50±2ニュートン)

 

7.調整した糊を小さなブラシで網枠と網糸の接合面の上に均一にブラシし、糊を網版の中間部に落としてはいけない。糊が8分乾燥した後、ドクターテープで糊面に完全に貼り合わせていないところを約10分ほど密着させて糊を完全に乾燥させた後(開放式ブロー強化乾燥を採用すべき)、網を下ろすことができる。

 

8.裁断カッターを用いてスクリーンの周囲の余分なスクリーンを除去し、スクリーンの枠に日付、網目及び下網時の張力(張力変化を観察するため)を明記し、スクリーン水(白水防止)の浸入を防止するため、スクリーン枠の内角を赤糊で密封し、それから防水テープでスクリーン枠とスクリーンの継手面の上に密封し、同様に薬水の浸入を防止する。

 

. メタルマスクを干す

 

1.ネット洗浄:研磨ネットクリームで油脂(新ネット)を除去し、ゴーストクリームで図形(旧ネット)を除去し、糊除去粉でネット糊、青油を除去し、防白で雑物を洗浄し、洗浄剤でネットを洗浄し、高圧水鉄砲で洗浄し、純水で洗浄する。

 

2.乾燥:--オーブンの設定温度は摂氏48度未満であること。

 

3.貼水フィブリンを使用する方法:きれいなネットを洗ってから純水で洗浄する。工程のフィブリンタイルの図形によって20%ほど大きくして水フィブリンを選び、水フィブリンの端を三角尺でネット上に押さえ、すぐに三角尺でゆっくりと上に平らにし、さらにゴムヘラで軽く押して平らにし、タオルで余分な水分を拭いて乾燥させる。silk screen printing

 

4.感光性接着剤(ネットペースト)を使用する:ネット版を乾燥してから感光性接着剤をかけ、スパチュラボックスを使用して、ネット上にスパチュラをかけ、その中のシルク印刷グリーンオイルは3回糊付けする必要があり、(約10分以上ごとに)他の耐食性インクをシルク印刷すると2回、シルク印刷分離性接着剤(ランペースト)はまず50ミクロンハイドロフィリンをかけてフィルムをはがし、それから2回ネットペーストをかけ、毎回3回こすり、糊付けが完成したら乾燥する。

 

5.スクリーンの選択状況一般線路は文字インクのシルク印刷、及び耐腐食インク(緑油、底油、面油)用120 T100 T110 Tスクリーン、炭素スラリー(炭素油)51 T、シルク印刷はインク(青ゴム)24 Tシルク印刷感光線路及び熱硬化インク用77 Tを含む。

 

6.フィブリンの選択ラインは18 Kハイドロフィリン(感光性接着剤を用いずに感光性接着剤を用いてインターネットを利用すると不均一になりやすい:例えばバリ(犬歯)などの問題)、その他のレジストインク(緑油、底油、面油)は感光性接着剤(ネットスラリー)、炭素スラリー(炭素油)は50ミクロンのハイドロフィリンを選択する。

 

7.必要なエンジニアリングパターンのフィリングを用いてネット版で選択した位置に貼り、爆光機に置いて爆光を行い、時間の選択(3000 Wスポットライト)、線路は一般的に60-80秒、緑は80-100秒、底面文字油は40-60秒、炭素油、ラテックスは350-400秒である

 

8.加圧水で網を流し、乾燥する。

 

9. メタルマスクを製造した後、スクリーン封止ゴム(青油)を使用して、スクリーン上にフェナントレンまたは感光性ゴムで覆われていない場所を、スクリーン印刷ブレードでスクリーン封止ゴムをかき、乾燥した。silk screen printing

 

10.検査、修理、完成日及び各対応番号を記入し、アーカイブ、保存を記録する。

 

.貯蔵

 

貯蔵時は通常垂直保管を採用し、自作またはメタルマスクを購入することができ、シルク印刷環境と同じ環境に保管して変形を防止する必要があり、同時にシルク印刷前にメタルマスクの張力をテストし、写真ネガで図形を検査する必要がある。