プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

PCBとFPCの違いについて
2022-06-29
View:125
Author:ipcb      Share

FPC3.png

 

PCBについては、いわゆるプリント基板であり、一般的にはハードボードと呼ばれます。電子部品の中の支持体であり、重要な電子部品であります。PCBは一般的にFR-4を基材とし、硬板とも呼ばれ、折り曲げたり、撓んだりすることはできません。PCBは一般的に、折り曲げる必要がない場合には、パソコンのマザーボード、携帯電話のマザーボードなど、比較的硬い強度ある場所で使用されています。

 

FPCは、実はPCBの一種に属していますが、伝統的なプリント基板とはまた大きな違いがあります。これをソフトボードと呼び、すべてフレキシブル回路基板と呼びます。FPCは一般的にPIを基材とし、フレキシブルな材料であり、任意に折り曲げ、撓みを行うことができます。FPCは通常、たわみやウィジェットのリンクを繰り返す必要がある場合に使われます。現在はそれだけではありません。現在、スマートフォンはたわみ防止を考えており、FPCという重要な技術を使う必要があります。

 

実はFPCはたわみ可能な回路基板であるだけでなく、立体的な線路構造を結ぶ重要な設計方式でもあり、この構造は他の電子製品の設計と組み合わせることで、さまざまな異なる応用を構築することができるので、この点から見ると、FPCPCBは非常に異なります。

 

PCBについては、配線をフィルムペーストで立体的にしない限り、回路基板は一般的に平面的です。そのため、立体空間を十分に利用するには、FPCを専用するのはいい解決方法です。ハードボードで言えば、スロットを利用してメザニンカードを加えることが現在一般的な空間拡張案であるが、FPCはアダプタ設計であれば同様の構造を作ることができ、方向性設計にも柔軟性があります。1枚の接続FPCを利用して、2枚の硬板を1組の平行線路システムに接続することができ、任意の角度に転換して異なる製品の外形設計に適応することもできます。

 

FPCはもちろん端子接続方式を用いて回線接続を行うことができるが、これらの接続機構を避けるためにリジッドフレックスボードを用いても構いません。1枚の単一FPCはレイアウト方式を用いて多くのハードボードを配置して接続することができます。このやり方はコネクタと端子の干渉が少なく、信号品質と製品の信頼度を高めることができます。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。