プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

スマートホームの4つの無線技術はなんですか。(下編)
2022-09-08
View:33
Author:ipcb      Share

上編に続きます。


三、Z-Waveとはなんですか。Z-Waveは無線周波数ベース、低コスト、低消費電力、高信頼性、ネットワークに適した短距離無線通信技術の新興です。動作周波数帯は908.42 MHz(米国)~868.42 MHz(欧州)で、FSKBFSK/GFSK)変調方式を採用し、データ伝送速度は9.6 kbpsで、信号の有効カバー範囲は室内で30 m、屋外で100 mを超えることができ、狭帯域幅応用の場合に適しています。通信距離の増加に伴い、デバイスの複雑さ、消費電力およびシステムコストが増加しており、既存の各種無線通信技術に比べて、Z-Wave技術の消費電力とコストは大きな優位性を持っています。

 

Z-Wave技術は最初に設計されたとき、スマートホーム無線制御分野にのみ位置しており、抄表、照明及び家電制御、HVAC、アクセス制御、盗難防止及び火災検出などの住宅、照明商業制御及び状態読取応用に使用できます。Z−Waveは、初期には9.6 kb/sの速度伝送さえ使用していた小さなデータフォーマット伝送、40 kb/sの伝送速度を使用して対応していました。ZIGBEE無線技術に比べて、低い伝送周波数を持ち、比較的近い伝送距離と1つの搬送の価格はZigBeeに及ばず、汎用性、安全性などの面でもZ-Waveは相対的に劣っています。

 

Z-WaveはデンマークのZensys社が一手に主導する無線ネットワーク規格で、Z-waveアライアンス(Z-waveAlliance)はZigBeeアライアンスほど強くはないが、Z-waveアライアンスのメンバーはすでにスマートホーム分野に現行製品を持つメーカーで、現在同アライアンスには160社以上の国際会社があり、それぞれの国と地域をほぼカバーしています。特に、国際大手シスコ(Cisco)とインテル(Intel)の参加により、ホームオートメーション分野でのZ-waveの地位も強化されます。市場占有率について言えば、Z-Waveは欧米で普及率が高く、メーカーは(NWD)ウォルトン、wintopLevitoncontrol 4などを含まれます。

 

四、Wi-Fiとはなんですか。他のワイヤレス技術に対するWifiの利点は下記のようになります。

 

Wi-Fiは、パソコンやハンドヘルド(PDA、携帯電話など)などの端末を無線で相互接続できる技術です。Wi-Fiは、IEEE 802.11規格に基づく無線ネットワーク製品間の相互接続性を改善するためにWi-Fiアライアンス(Wi-FiAlliance)が保有する無線ネットワーク通信技術のブランドです。

 

Wi-Fiは通称無線ブロードバンドと呼ばれ、数百フィートの範囲でインターネットアクセスをサポートする無線信号をサポートする短距離無線伝送技術です。技術の発展に伴い、IEEE 802.11 aIEEE 802.11 gなどの規格が登場し、現在ではIEEE 802.11という規格はWi-Fiと総称されています。思い通りになるクラウドはさらに、5 GHz帯(その名の理由でもある)を介して通信する802.11無線LANWLAN)通信規格であるIEEE 802.11 acを採用しています。理論的には、マルチステーション無線LAN通信のための1 Gbps未満の帯域幅、または500 Mbps未満の単一接続伝送帯域幅を提供することができます。

 

Wi-Fi技術の優れた利点:

 

一、電波のカバー範囲が広く、半径は100メートルに達することができ、オフィスはもちろん、ビル全体でも使用でき、簡単なコントローラから1つのランプのスイッチを制御することから、複雑なファミリーライト、カーテン、エアコン、ドア、電気設備までの全面的なインテリジェント制御を実現することができます。

 

二、伝送速度は非常に速く、11 mbpsに達することができ、個人と社会情報化の需要に合致します。また、低コスト、低消費電力の特徴もあり、「低炭素生活」のグリーンスマートホームの概念に合致しています。WIFIの強みも応用が広く、すでに千家万戸に普及しています。

 

WIFI技術は移動性が強いが、空気を通じてデータを送受信し、電波を使ってデータ信号を伝送するため、外部からの干渉やハッカーの脅威にさらされやすく、セキュリティが劣るため、セキュリティ要件が極めて高いスマートホームにもあまり適していません。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。