プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

なぜPCB基板は穴を塞ぐのですか?
2022-11-23
View:11
Author:ipcb      Share

導電孔Via holeは導通孔とも呼ばれ、顧客の要求を達成するために、PCB導通孔は必ず穴を塞がなければならず、大量の実践を経て、伝統的なアルミニウム片の穴を塞ぐ技術を変え、白網を用いて配線板の板面抵抗溶接と穴を完成します。生産が安定しており、品質が信頼できます。

BGA IC基板

 

Via hole導通孔は線路の相互連結導通の役割を果たし、電子業界の発展、同時にPCBの発展を促進し、プリント板の製作技術と表面貼付技術に対してより高い要求を提出しました。Via holeジャツクプロセスは、次の要件を満たす必要があります。

 

(一)導通孔内に銅があればよく、溶接抵抗プラグはプラグしなくてもよい。

 

(二)導通孔内にスズ鉛が必ずあり、一定の厚さ要求(4ミクロン)があり、ハンダ抵抗インキを孔に入れてはならず、孔内にスズビーズを隠すことができない。

 

(三)導通孔には必ず溶接抵抗インキ栓孔があり、光を通さず、スズリング、スズビーズ及び平坦化などの要求があってはならない。

 

電子製品が「軽、薄、短、小」の方向に発展するにつれて、PCBも高密度、高難度に発展するため、SMTBGAPCBが大量に出現し、顧客は部品を貼り付ける時に穴を塞ぐことを要求し、主に5つの作用があります。

 

(一)PCBがピークハンダを通過する時にスズが導通孔から素子面を貫通して短絡することを防止し、特に、私たちがBGAパッドに穴を開けたときは、まず穴を塞いでから金メッキ処理をしなければならず、BGAの溶接に便利だ。

 

(二)フラックスが導通孔内に残留することを避ける。

 

(三)電子工場の表面貼付及び部品組立が完了した後、PCBは試験機上で真空を吸って負圧を形成しなければならない。

 

(四)表面錫ペーストが孔内に流入して虚溶接をもたらし、貼付に影響することを防止する。

 

(五)ピーク溶接を通過する時にスズ玉が飛び出すことを防止し、短絡を引き起こす。

 

導電孔プラグプロセスの実現

 

表面貼付板、特にBGA及びICの貼付は導通孔の栓孔に対して平らでなければならず、凸凹正負1 mil、導通孔の縁が赤くなって錫が出てはならない、導通孔の蔵錫ビーズは、顧客の要求を達成するために、導通孔の栓孔プロセスは多種多様で、プロセスプロセスの流れは特に長く、プロセスの制御は難しく、時々熱風の平坦化と緑油の耐半田実験の時に油を落とすことがある、硬化後に油が爆発するなどの問題が発生しました。

 

現在、生産の実際の条件に基づいて、PCBの各種ジャック技術をまとめ、流れと長所と短所に対していくつかの比較と陳述を行った。

注:熱風平坦化の動作原理は熱風を利用してプリント基板表面と孔内の余分な半田を取り除き、残りの半田は半田パッドと無抵抗半田線と表面パッケージ点に均一に被覆し、プリント基板表面処理の方式の一つだ。

 

一、熱風平ら化後の穴あけ加工

 

このプロセスは:板面抵抗溶接→HAL→栓→硬化。非栓抜きプロセスを用いて生産を行い、熱風を平らにした後、アルミニウムシート網版またはインク止め網を用いて、顧客が要求するすべての要塞の導通穴栓を完成します。ジャックインクは感光性インクまたは熱硬化性インクを用いることができ、湿潤膜の色が一致することを保証する場合、ジャックインクは板面と同じインクを用います。このプロセスは熱風を平らにした後、導通孔から油が落ちないことを保証することができるが、栓孔インクが板面を汚染し、平らではないことをもたらしやすいです。お客様は実装時に半田付け(特にBGA内)を起こしやすい。そのため、多くのお客様がこの方法を受け入れていません。

 

二、熱風平坦化前のジャツク加工

 

2.1アルミニウム片による穴あけ、硬化、研磨後のパターン転移

 

このプロセスはデジタル制御ボール盤を用いて、穴を塞ぐ必要があるアルミニウム片を掘削し、スクリーン版を作成し、穴を塞ぐことを行い、導通穴の穴の穴の豊満さを保証し、穴の穴のインクを塞ぐことができ、熱硬化性インクも使用でき、その特徴は硬度が大きく、樹脂の収縮変化が小さく、穴壁との結合力が良いことが必要である。プロセスフローは:前処理→栓→研磨板→パターン転移→エッチング→板面抵抗溶接です。この方法を用いると、導通孔の栓孔が平らで、熱風の平坦化には爆発油、孔縁の油落ちなどの品質問題がないことを保証することができるが、この技術の要求性は銅を厚くし、この孔壁の銅厚を顧客の基準に達成させるため、整板の銅めっきに対する要求が高く、しかも研磨機の性能にも高い要求があり、銅面の樹脂などが完全に除去され、銅面がきれいで、汚染されないことを確保します。多くのPCB工場では銅を厚くする技術がなく、設備の性能が要求に達していないため、この技術はPCB工場ではあまり使われていません。

 

2.2アルミニウム片で穴を塞いだ後、直接スクリーン印刷板の面抵抗溶接

 

このプロセスはデジタル制御ボール盤を用いて、穴を塞ぐ必要があるアルミニウム片を掘削し、スクリーン版を作成し、シルク印刷機に取り付けて穴を塞ぐ。穴を塞いだ後、30分以上放置してはなりません。熱風を平らにした後、導通孔に錫が入らず、孔内に錫ビーズが隠されていないことを保証することができるが、硬化後の孔内インク上のパッドをもたらしやすく、溶接可能性不良をもたらしやすい、熱風が平らになった後、導通孔の縁部が泡を立てて油が落ち、この技術方法を採用すると生産制御が比較的に困難で、技術者は特殊なプロセスとパラメータを採用してこそ、栓の品質を確保することができる。

 

2.3アルミニウムシートの栓、現像、予備硬化、研磨後の板面抵抗溶接

 

デジタル制御ボール盤を用いて、塞ぎ穴を要求するアルミニウム片を掘削し、スクリーン版を作成し、シフトシルク印刷機に取り付けて塞ぎ穴を行い、塞ぎ穴は豊満でなければならず、両側が突出していることが好ましく、さらに硬化を経て、研磨板は板面処理を行い、そのプロセスは:前処理——塞ぎ穴一プリベーク——現像——プレ硬化——板面抵抗溶接このプロセスは塞ぎ穴硬化を採用することでHAL後に穴を通過して油が落ちず、油が爆発しないことを保証できるが、HAL後、過孔蔵錫ビーズと導通孔上錫は完全には解決できないため、多くの顧客が受け入れない。

 

2.4板面抵抗溶接と栓孔の同時完成

 

この方法は36 T43 T)のスクリーンを採用し、スクリーン印刷機に取り付け、パッドまたは釘床を採用し、板面を完成すると同時に、すべての導通孔を塞ぎ、そのプロセスフローは:前処理--スクリーン印刷--プリベーク--露光--現像--硬化このプロセスフローは時間が短く、設備の利用率が高く、熱風が平らになった後、穴をあけても油が落ちず、導通孔は錫が上がらないことを保証することができるが、スクリーン印刷を用いて穴を塞ぐため、過孔には大量の空気が存在し、硬化時には空気が膨張し、ソルダーレジスト膜を突き破って空洞、不平坦化をもたらし、熱風平坦化には少量の導通孔蔵錫が存在する。現在、当社は大量の実験を経て、異なる型番のインクと粘度を選択し、シルク印刷の圧力を調整するなど、基本的に穴あきと不整合を解決し、すでにこの技術を用いてPCB量産しています。