プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

LED照明ランプの電源が切れた後に微細に点灯する問題をどのように解決するか
2022-11-28
View:91
Author:ipcb      文章を分かち合う

白熱灯、蛍光灯に続き、消費電力が低く、輝度が高く、体積が小さいLED照明器具が現在の家庭用照明市場の主役となっています。しかし、実際の生活の中では、LEDライトは照明スイッチがオフになっても微弱な光を放ち、正常な使用に影響を与え、安全上の問題を心配させるという住民や電気技師の同行者も少なくないです。その原因の一つを簡単に紹介いたします。


11.28 1.png


特に、LED照明器具内の発光素子であるLED半導体発光ダイオード素子は、電流に非常に敏感な素子であることを指摘する必要があります。後の原因分析を理解するために、LED照明器具の顕著な特性を覚えておいてください。まず、LED照明器具の電源が切れた後も微光を発する原因は、照明スイッチの制御がゼロライン(通常は火線と規定されている)によるもので、このような現象を引き起こす原因の約半分を占めています。


照明スイッチが火線ではなくゼロ線に制御されている場合、LED灯具は常に帯電状態にあるため、火線は地線間に極めて誘導現象が現れやすく、誘導電流を形成してLED灯具が微光を発することになります。この場合、LED照明器具は持続的に微光を発し、室内の他のLED照明器具もまた同時にこのような状況が発生するなどの共通性があります(引用:蛍光灯の場合は停電後の点滅現象が発生する)。このような障害をどのように処理するかについては、筆者が多く言わなくても知っていると信じています。


次に、生活水準の向上に伴い、人々は生活の質と便利さを追求するために、夜の操作のために指示/バックライト機能付き照明スイッチを選択することが多いです。しかし、このようにして、制御されやすいLED灯具はスイッチがオフになった後、スイッチ内蔵式指示回路を介して通路を構成しています(LED灯具とスイッチ指示回路がAC 220 Vに連結されていることに相当する)。この回路の中の電流値は小さいが、LEDランプが微光を発する原因にもなりやすいです。そこで、バックライト指示機能を備えた照明スイッチを購入する際には、非使用電力の蛍光型(通称夜光型)製品を購入してみてはいかがでしょうか。


LED照明器具の電源が切れてもまだ明るい原因を明らかにするには、実際にはあまり見られないが、非常に隠蔽性と欺瞞性があります。上記で強調したように、LED灯具は電流に極めて敏感な半導体製品で、もしLED灯座の周りに他の電気使用設備の導線が複数ある場合、導線間に発生する誘導電流は同様にLED灯具を停電状態で微光を発することができるからです。このような状況に対して、簡単で効果的な処置方法はタバコ/ガム内の錫箔紙を利用してランプホルダ付近の他の導線を密に包み、短絡遮蔽法を利用してこの現象を消滅させることです。


(株)iPCBはPCB・PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。