プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBの種類

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBの種類

PCBの種類
2023-02-21
View:175
Author:Leota      文章を分かち合う

PCBは電子製品の基礎コンポーネントであり、用途の異なる製品に対して、選択する必要があるPCBも異なります。通常、層数、基材材質、適用範囲を用いてPCBを分類します。


プリント基板

 

1PCB板の層数によって区分するのは一般的に単板、二重板、多層板に分けられる。

 

単板はすべての部品をPCB板の片面に集中させるため、単板と呼ばれ、単板の面積は限られているため、回路設計は比較的簡単で、簡単な機能の電子製品にのみ適用されます。

 

デュアルパネルとは、PCBボードの両面に部品と回路があり、同じサイズでは、シングルパネルの2倍の設計可能面積があり、シングルパネルにおけるワイヤの交錯による電磁干渉問題を効果的に解決でき、製品の体積を減らすことができ、回路設計が複雑な製品に使用することができます。

 

多層板は1枚の単板と2枚の二重板を組み合わせたもので、最も一般的なのは2枚の単層板を用いて、位置決めシステムと絶縁接着材を組み合わせて4層の多層板にすることで、もちろん、製品の設計案に基づいて層数を増やすことができて、一般的には偶数層です。多層板の設計は配線の面積と密度を高め、より複雑な回路設計を行うことができ、多層板の部品はより多くのパッチ式部品であり、部品の配置はより精密であるため、製品をより軽く、より小さくすることができます。

 

2PCB基板の性質によって区別することは一般的に:剛性回路基板、フレキシブル回路基板、軟硬結合板に分けることができます。

 

剛性回路基板の主な材質はFR-4CEM-1CEM-3、金属基銅被覆板(主にアルミニウム基、少数は鉄基)などの材質で作られた回路基板です。

 

FR−4は、銅箔と含浸難燃性エポキシ樹脂繊維布とを積層したガラス繊維板であり、良好な機械加工性を有します。

 

CEM-1は上下面がガラス繊維、中間がフェノール樹脂の紙材料で作られた複合基板で、機械加工性も電気性能もFR-4ほど強くはありませんが、価格は安いです。

 

CEM-3は複合型のガラス繊維板であり、ガラス転移温度、耐浸漬性、耐ピール強度、吸水率、電撃破壊、絶縁抵抗、UL指標はすべてFR-4の水準に達しました。しかし、曲げ強度はFR-4よりも低いです。

 

金属基銅被覆板は一般的に金属基板、絶縁誘電体層と導電層(一般に銅箔)の3つの部分が熱圧複合されたものであり、金属基銅被覆板の最大の特徴は優れた放熱性能と寸法の安定性です。

 

一般的な電子製品に使用されているのはすべて剛性回路基板であり、剛性回路基板は一定の機械的強度を持ち、製造されたPCBは平坦性を持ち、より良い全体状態を維持することができます。

 

フレキシブル回路基板はポリエステルフィルム、ポリイミドフィルム、フッ素化エチレンプロピレンフィルムなどの軟層状プラスチックで作られていることが多く、作られたフレキシブル回路基板は曲げたり伸縮したりすることができ、使用時に実装要求に応じて特殊な実装を行うのに便利です。

 

ソフトハード結合板は、剛性回路基板とフレキシブル回路基板に関するプロセス要件を組み合わせて形成されたFPC特性とPCB特性を有する回路基板である。特別な要件がある製品に使用できます。

 

3、適用範囲によってPCBを高周波と低周波の2種類に分けることができる。

 

電子製品の高周波化は現在の発展傾向であり、PCB高周波板は現在の通信業界、ネットワーク技術分野及び高速化された情報処理システムにおいて広範囲に応用されています。高周波板の誘電率が小さいため、高周波板の加熱効率と信号伝送速度は非常に速く、同時に高周波板の製作材料は吸水性が低いため、より湿気の多い環境に適用できます。応用範囲は低周波板よりずっと広いです。