プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - rogers substrate

PCBニュース

PCBニュース - rogers substrate

rogers substrate
2024-02-01
View:101
Author:Leota      文章を分かち合う

ロジャーズPCBは通常、無線通信システム、衛星通信装置、レーダシステム、マイクロ波アンテナなどの高周波電子装置に使用される。低損失、低誘電率、低誘電損失因子、良好な寸法安定性などの特徴を持ち、高周波環境下で優れたパフォーマンスを発揮させる。

 

PCB組立プロセスにおいて、rogers substrateを用いたPCB材料は、以下の利点を提供することができる:

 

低損失:ロジャーズのPCB材料は低誘電体損失特性を有し、これは信号伝送時にエネルギー損失が減少することを意味する。これは高周波応用にとって非常に重要であり、信号の信頼性と伝送距離を高めることができる。

 

熱安定性:ロジャーズのPCB材料は高温環境下の変形と分解に抵抗できる。これにより、航空宇宙や自動車電子などの高温用途での使用に適しています。

 

寸法安定性:ロジャーズのPCB材料は優れた寸法安定性を有し、すなわち異なる温度と湿度条件下でその形状と寸法を維持する。これは、高い精度と信頼性を必要とするアプリケーションにとって非常に重要です。

 

多層スタック:ロジャーズのPCB材料は多層スタックに使用でき、異なる層の材料と回路基板を結合することで、より高い集積度と性能を実現することができる。

 

以上はrogers substrateの関連内容であるが、ロジャーズPCBの材料コストが高く、製造過程も比較的複雑であるため、通常は性能に対する要求が高い応用分野に用いられる。ロジャーズPCBを設計、製造する際には、回路の信頼性と性能を確保するために、材料選択、積層構造、ワイヤレイアウト、インピーダンス制御などの要素を考慮する必要があります。

 

総じて言えば、ロジャーズPCBは高周波応用のために設計された特殊なプリント回路基板であり、ロジャーズ材料を使用することで高周波電子機器の性能要件を満たす。