プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - 高周波高速銅被覆板市場の現状とトレンド分析

PCBニュース

PCBニュース - 高周波高速銅被覆板市場の現状とトレンド分析

高周波高速銅被覆板市場の現状とトレンド分析
2021-08-11
View:1116
Author:ipcb      文章を分かち合う

覆銅版は電子工業の基礎材料で、加工してプリントする高周波回路基板の主要材料です。電子部品や5G産業の発展が加速していることを背景に、我が国の覆銅版産業は急速に発展しており、覆銅版の技術レベルも中・低端からハイエンドへと高度化しており、技術発展においては高周波が主流となっています。


原理:プロセスと原材料が製品の品質を決める

高周波プリント基板とは、動作周波数が5GHz以上で超高周波領域に適した超低損失特性(超低信号伝送損失)を持つ被覆銅版(ccl)のことです。高速プリント基板とは、高周波に適用し、高い信号伝送速度(10-50Gbps)、高い特性インピーダンス精度(Zo)、低い伝送信号の分散性(バイアス回路の分布が少ない)、低損失(Dfが0.005 ~ 0.01)を有する覆銅版のことです。


高周波高速被覆銅版の生産過程は数百度の高温電圧下で行われることが多く、Dkの安定を保つのは困難であるが、Rogers社とパナソニック社はこの過程で自社の熟成工程と材料の改良技術を持つことで、高周波高速被覆銅版市場を長期にわたって独占することができた。このうちRogersは、炭化水素/セラミックフィラー(RO4350B)を用いて樹脂の熱硬化性を改善したり,ポリテトラフロン/セラミックフィラー(RO3000)を用いて樹脂の熱可塑性を変えたりして高温でDkを安定させた方式。ptfe


高周波基板

高周波プリント基板の加工フローは一般の銅版とほとんど似ているが,高周波高速化のポイントは原材料の属性にあります。高周波高速銅被覆の核心的な要件は低誘電率(Dk)と低誘電損失因子(Df)です。高速と高周波被覆銅板は、ガラス繊維布地CCLをベースに、異なるタイプの樹脂を使用することで実現されており、その核心的な要件は低誘電率(Dk)と低誘電損失因子(Df)です。DkとDfが小さいほど安定し、高周波高速性能が良いです。ptfe

高周波基板

現状:国内メーカーの技術は国際レベルに

わが国の高周波高速銅被覆の生産企業と製品を見ると、わが国企業の技術水準はすでに国際水準に近づいています。高周波プリント基板メーカーと製品性能を見ると、主なメーカーはロジャーズ、イソラ、パーク・エレクトロケミカル、タコニック、ヴェンテック、パナソニックなどです。ロジャースはポリテトラフレン(PTFE)樹脂ガラス布強化類、PTFE樹脂充填セラミックス類、PTFE樹脂充填セラミックスガラス布強化類などの高性能基材と先進連結解決案ACSを提供します。華正新材提供モデルはH5300、H5220の高周波材料。

高周波基板

高速被覆銅(ccl)ではパナソニック電工の制品がトップシェアで、しかも技術の壁が高く、なかなか追いつけない。アーロンのad-cシリーズは基地局アンテナ用PCB基材のリーダーであり、ステーションライトの8ヘッドシリーズはエコ基材に注力している。国内メーカーは、建韜グループ、生益科技、金安紀紀、南亜新材が、それぞれ低コスト、耐熱性、低損失で優位を占めている。ptfe

高周波基板

応用:5G産業需要が技術発展を牽引

高周波高速銅被覆(ccl)の成長ロジックは、高周波高速PCBの需要解放に由来する。高域高速CCLは高域高周波プリント基板の中核材料の1つである。高周波高速CCLを基礎材料として作られた高周波高速PCBは、通信エレクトロニクス、消費者エレクトロニクス、コンピュータ、自働車エレクトロニクス、産業制御、医療机器、国防、宇宙航空などの分野で広く使用されています。高周波銅版は5Gのアンテナシステム、カーエレクトロニクスのADASシステムでの利用が目立ち、高速銅版はクラウドサーバーのIDC、ハイエンドルーターなどでの利用が多いとされています。

高周波基板

トレンド:国産代替実現が加速

国内PCBの上位メーカーは現在、高周波銅被覆板やPTFE分野を積極的に配置しており、5G建設においては費用対効果の優位性を武器に、現在の構図を変え、より多くのシェアを獲得することが期待されています。近年一部の国内企業は例えば、生益科学技術、中英科学技術、泰州旺霊、華正新材、南アジア新材などの国内制品は多方面の優位性を持って、徐々に輸入を実現して代替しています。


国内メーカーは高周波ベース材の研究開発に力を入れ続けており、中低域の高周波ベース材を突破口に輸入代替を実現しつつある。また、輸入品に比べ、国内制品には価格優位性、地理的優位性、サービス優位性があります。


SABICメーカーのPPO(メタクリル酸ポリフェニルエーテル)材料を采用し、低誘電率と低誘電体損失性能を実現した国内メーカーのセン益科技は、rogers 4535社を追い上げたが,誘電体率ではRO4730G3社と差がありました。