プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

プリント基板(PCB)の発展傾向
2022-05-06
View:198
Author:ipcb      Share

PCB基板はよく電子部品の母と言われています。それに、電子部品の支持体とも言われています。

 

PCB(Printed Circuit Board)は、中国語ではプリント基板と呼ばれ、プリント配線板とも呼ばれます。これは重要な電子部品で、電子部品の支持体だけではなく、電子部品の電気的接続の担体です。電子印刷術で作られているため、「印刷」回路基板と呼ばれています。プリント基板(PCB)はわが国の電子業界の上流基礎産業であり、わが国の電子製品の競争力を決定しました。現時点、世界のPCB産業の生産額には電子部品産業の総生産額の4分の1以上を占め、各電子部品細分化産業の中で最も比重の大きい産業です。

 

PCB産業チェーンを整理します。

 

PCB上流基礎産業の主な材料は銅箔基板(英語でCopper-clad Laminate、略称CCL)です。CCLはコスト費用の30%を占めています。次いで製造費用と人件費で、それぞれ約20%を占めています。銅箔基板の上流基礎産業は電解銅アルミニウム、パルプ紙、ガラス布、合成樹脂を主な材料としています。PCB下流業界は広く分布しており、2020年まで、中国のPCB業界最大の下流応用分野は通信設備です。通信機器、消費電子、自動車電子の3大応用分野の合計はPCB下流応用の62%の市場シェアを占めています。


25g通信モジュール.jpg


 

PCBの生産額は着実に向上し、中国は産業移転を受けています。

 

中国電子回路業界協会がWECCの報告を引用したところによると、2020年、世界のPCB生産額は730.97億ドルに達しています。その中で、中国(大陸+香港マカオ台湾地区)PCB生産額は486.72億ドルに達し、世界市場シェアの66.59%を占めていました。中国台湾地区は中国大陸を除き第2位のPCB産地として、2016-2020の生産額シェアは12%~13%に安定しています。2020年、世界のPCBは標準多層板を主とし、生産額は276.51億ドルに達し、全体の38%を占めています。

 

先進国本土はすでに中低端製品の生産を徐々に脱退し、中国は2000年以降、世界のPCB産業の移転を徐々に受け継ぎ、世界最大のPCB産地に発展しています。2016-2020年、中国のPCB生産額は354.10億ドルから486.72億ドルに増加し、年間複合成長率は8.28%でした。2019年の遅延期間を経て、2020年にPCB市場は急速的な発展を迎え、生産額は前年同期比19.12%増加しました。現時点、中国のPCBは反復的なアップグレードの肝心な時期にあり、製品構造から見ると、中国のPCB市場では8~16層の多層板18層以上の超高層板が次第に低級製品に代わり、市場の主流となっています。中国電子回路業界協会はWECCの報告を引用し、2020年の標準多層板が中国PCBの生産額に占めるシェアは43.21%に達しました。通信業界はPCB産業の主な下流市場であり、総シェアの3分の1を占めています。コンピュータ商業設備のPCBに対する需要も近年急速に増加しており、2016-2020年のシェアは10%から20%に増加しました。