プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBと電子部品を保護するために理解しなければならない5つの保形コーティング
2022-05-24
View:104
Author:ipcb      Share

保形コーティングの一般的なタイプ

 

保形コーティングは、PCB回路基板、部品、その他の電子部品を腐食性空気、湿度、熱、真菌、汚染物(塵や土など)による不利な環境条件から保護するための特殊な重合成膜材料です。

 

5種類の一般的な保形コーティングがあります。どのようにしてあなたの応用のために適切な塗料を選びますか?

 

アクリル接着剤

 

アクリル接着剤は多くの有機溶媒に溶解しやすいので、回路基板の修復作業を容易にし、通常は選択的な耐化特性のみを提供します。アクリルバインダーは速乾性、抗カビ性に優れ、硬化期間中に収縮しない、防湿性に優れているなどの利点がある。しかし、欠点は耐摩耗性が低く、擦れ、割れ、はがれやすいことにあります。

 

エポキシ樹脂、二成分

 

エポキシ樹脂は通常二成分化合物であり、混合後硬化を開始します。エポキシ樹脂は良好な耐摩耗性と耐化特性、および合理的な防湿性を持っている。しかし、この塗料は除去と再加工が難しいです。重合中にフィルム収縮が発生するため、精密素子の週りに緩衝液を使用することをお勧めします。低温で硬化すると収縮率を低下させることができます。

 

ポリウレタン

 

ポリウレタンは良好な防湿性と耐化特性を備えている。耐化特性が良いため、塗料を除去するにはピール剤を使用する必要があります(イオン残留物が残る可能性があります)。これらの残留物は底板の腐食を防ぐために徹底的に洗浄する必要があるかもしれません。ポリウレタンは溶接によって再加工することができますが、通常は製品の外観に影響を与える褐色残留物を生成します。

 

シリコーン

 

シリコーンは通常単一の化合物であり、空気中に暴露された水分と一定の温度で硬化を開始します。シリコーンは、電子材料またはモジュールのすべての表麺で硬化した後、良好な濡れ性と付着力を持っています。高温(>120)、湿気敏感、耐化学、腐食、抗真菌などの環境に広く応用できます。

 

ウレタンエチル

 

ウレタンは強い保護性、硬度、高い耐溶剤性を有し、卓越した耐摩耗性と低透湿性を提供することができます。また、良好な低温適応性を持っていますが、高温環境では良好な作業ができず、大部分は修復や再加工ができません。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。