プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

SMTサンプル小ロット加工またはPCBA加工プロセス
2022-05-16
View:38
Author:ipcb      Share

SMT贴片2.jpeg

PCBの空板の上で、SMTは部品を載せて、それからDIPプラグインなどを経て、メーカーはこのような複雑な流れをSMTサンプルの小ロット加工と総称します。PCBAは前の文章の中でも少し科学普及があって、つまり回路基板を印刷して、それは重要な電子部品で、電子部品の支持体で、更に電子部品の線路を接続する提供者です。今日は簡単にその加工プロセスを紹介します。

 

SMTサンプル小ロット加工またはPCBA加工プロセス:

 

1、片面外観組立技術:溶接ペースト印刷――シール――リフロー溶接。

 

2、両面外観組立技術:A面印刷ペースト――シール――リフロー溶接――反転板――B面印刷半田ペースト――シール――リフロー溶接。

 

3、片面混合組立①(SMDTHCは同じ面にある):溶接ペースト印刷――シール――リフロー溶接――手作業プラグイン(THC) ――ピーク溶接。

 

4、片面混合組立②(SMDTHCはそれぞれPCBの両面にある):B面印刷赤ゴム――シール――赤ゴム硬化――反転板――A面プラグイン――B面ピーク溶接。

 

5、両面混合組立①(THCA面にあり、ABの両面にSMDがある):A面印刷ペースト――シール――リフロー溶接――反転板――B面印刷赤ゴム――シール――赤ゴム硬化――反転板――A面プラグイン――B面ピーク溶接。

 

6、両面混合組立②(ABの両面にSMDTHCがある):A面印刷ペースト――シール――リフロー溶接――反転板――B面印刷赤ゴム――シール――赤ゴム硬化――反転板――A面プラグイン――B面ピーク溶接――B面プラグインのようなプロセスの後にパソコンと関連製品、通信類製品と消費電子などを取り付けます。

 

以上は普段SMT作業場で働く流れです。全ての製品は出荷まで厳しい検査を受けなければならなくて、取引先に届いた製品が何の問題も無いことを確保することはPCBメーカーにとって基本的な要求です。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/をご覧ください。