プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

光ファイバ伝送の距離はどのくらいですか。
2022-06-27
View:230
Author:ipcb      Share

光ファイバ伝送とは、光ファイバを媒体としたデータ伝送・信号伝送です。単一の光ファイバでは、中継器を使用せずに伝送距離は通常数十キロに達することができるので、簡単に紹介します。

 

6.27 光纤.jpg

 

光ファイバの伝送距離は主に送信側の光強度と受信側の感度に依存する光ファイバ伝送であり、それは光伝導繊維を媒体として行うデータ伝送信号伝送であり、光全反射原理を利用します。光はある物質から別の物質に向かうと、交差界面で屈折と反射が生じ、角度が変化すると入射光がすべて反射されて戻ってきます。これが光の全反射です。

 

光ファイバはコア、クラッド、コーティング層及びコートからなり、多層媒体構造の対称円筒体です。光ファイバ伝送は性質によって、単一モード光ファイバとマルチモード光ファイバに分けられ、単一モード光ファイバトランシーバを採用します。伝送距離は20キロから120キロです。マルチモード光ファイバトランシーバ:伝送距離は2キロから5キロです。使用する光ファイバによって、トランシーバが伝送できる距離も異なります。光ファイバトランシーバ自体の送信電力、受信感度、使用波長が異なり、伝送距離も違います。

 

5キロメートル光ファイバトランシーバの送信電力は一般的に-20-14 dbの間であり、受信感度は-30 dbであり、1310 nmの波長を使用します。120キロファイバトランシーバの送信電力は一般的に−50 dBの間であり、受信感度は−38 dBであり、1550 nmの波長を使用します。

 

光ファイバの伝送距離に影響を与える要因

 

光ファイバ伝送では、一般的なネットワーク方式は光トランシーバ--光ファイバ--光トランシーバであり、光ファイバ伝送に影響する距離は光トランシーバと光ファイバです。

 

主に4つの要因によって影響されます。

 

①光電力:光ファイバに結合する電力が大きいほど、距離が長くなります。

 

②分散:分散が大きいほど発生する波形歪みは深刻です。伝送距離が長いほど、波形歪みが深刻になります。波形歪みは符号間干渉を引き起こし、受光感度を低下させ、伝送距離に影響を与えます。

 

③損失:光ファイバのコネクタ損失及び融着損失は、光ファイバの1キロ当たりに発生する損失が小さいほど、損失が小さくなり、伝送の距離が遠くなります。

 

④受信機感度:感度が高いほど、受信光電力が小さいほど、伝送の距離が長くなります。

 

光ファイバ伝送では、マルチモード光ファイバの減衰損失が大きいため、伝送の距離は一般的に遠くないです。単一モード光ファイバの減衰損失は小さいので、伝送の距離は遠く、遠距離の光ファイバ伝送では、基本的に単一モード光ファイバを主とします。

 

(株)iPCBプリント基板PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。