プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCB Layoutについての30個心得 下編
2022-06-13
View:17
Author:ipcb      Share

今日はPCB Layoutについての30個心得(下編)を引き続きシェア致します。


補足:

 

1、信号レイヤを追加Design->Layer Stack Managertop Layerを選択し、addします。

 

2、扇動機能:FPGAマルチピンはAuto Route->Fanout->componentを選択し、扇動するデバイスを選択し、状況に応じてチェックすることができます。

 

3PCBピンの順序を変更した後、原理図に逆コンパイルし、Project->Project Option->optionsChanging Schematic Pinsチェックオプションを削除し、Design->Update Schmetics in xx  ProPCBを選択します。

 

4、インタラクティブ配線:ピンの順序を変更するには注意する必要があります。

 

まず交換可能なピンTools->pin/Part Swapping->configureを構成するには、FPGAなどの交換するチップを選択し、交換可能なIOピンを選択します。nCSOnCEASDODATA 0などのクロックといくつかの構成ピンを選択することはできません。これらは交換できません。Show Assign IO pin Onlyは、選択してTypeグループなどのグループに追加します。

 

Pin Swapチェックをオンにすると、ピンの交換が許可されます。

Tools->Pin/Part Swapping->Interactive Pin/Net swaping(ショートカットTWI

 

5、多層板配線時の注意:

 

FPGA内部線幅6 mil(これはFPGAにおけるピン間の間隔によって決めます)、貫通孔の大きさは外円20 mil、内円8 mil、電源類貫通孔の外円50内円20です。

 

等長線:クロック同期に厳しい要求のある等長線を配置し、PCBを表示し、view->Workspace Panels->PCB->PCBを表示し、配置するネットワークを線長を観察しやすいグループに分け(All Netをダブルクリックしてネットワークのグループを追加)、Tools->Interactive Lenth Tuning(ショートカットキーTR)、ネットワークの線を選択した後、Tabはネットワークを追加することを設定し、ネットワークの長い線を見つけて等長配線を行い、この配線を通じて、前に線を接続します。十分な空間c、差分線を提供する:DVIクラスインタフェースに対して差分線を配置する必要があり、view->Workspace Panels->PCB->PCBを選択し、Differential Pairs Editorを選択し、新しい差分線を作成することもできます。まず原理図に表示し、Tools->Interactive Diff Pair Lenth Tuning(ショートカットキーTI)を使用して、1本の線を選択した後、Tabを押して長く配置する線を基準に配線することもできます。

 

S+Nキーを押すとネットワーク全体を選択でき、削除に有利です。

 

デバイスを固定し、ダブルクリックしてlockedを選択します。

 

6、言わなければならないこと、PCBボードの検査は非常に重要で、特にunrouted検査、PCBボード溶接前の電源と地検査も、大きな間違いを起こさないでください。

 

7、PCBLキーを押すと、各層の表示と非表示を直接編集できます。

 

8、できるだけクロスフォークインターリーブ配線を行い、信号幹渉を低減します。

 

(株)iPCBはPCB・PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。