プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

コンデンサの選択と設置に関する考慮事項
2022-07-18
View:78
Author:ipcb      Share

电容 コンデンサ.png


一、使用環境及び取り付け環境を確認する際に、製品サンプル設計説明書に規定された定格性能範囲内で使用されるコンデンサとして、次のような場合の使用は避けなければなりません。

 

a、高温(温度が使用温度を超える)。

 

b、過電流(電流が定格リップル電流を超える)、リップル電流を加えて定格値を超えると、コンデンサ本体が過熱し、容量が低下し、寿命が短縮する。

 

c、過電圧(電圧が定格電圧を超える)、コンデンサに印加された電圧が定格動作電圧より高い場合、コンデンサの漏れ電流は上昇し、その電気酸素物性は短期的に劣化して損傷するまで。

 

d、逆電圧または交流電圧を印加し、直流アルミニウム電解コンデンサが逆極性接続回路を押すと、コンデンサは電子回路の短絡を招き、それによる電流はコンデンサの損傷を引き起こす。回路に負リードに正極電圧を印加する可能性がある場合は、無極性コンデンサを選択する。

 

e、急速充電用途のように複数回の急激な充放電を繰り返す回路に使用すると、その使用寿命は容量の低下、温度の急激な上昇などによって縮小する可能性がある。

 

f、水、塩水、油類と直接接触または結露する環境、有害ガスが充満する環境(硫化物、アンモニア水など)、直接日光照射、オゾン、紫外線及び放射性物質がある環境、振動及び衝撃条件がサンプル及び説明書の規定範囲を超えた劣悪な環境下で、コンデンサの使用を禁止する。

 

g、コンデンサの取り付け時、コンデンサ防爆弁の上方に空間を残し、爆弁の上方回避配線及びその他の部品、コンデンサの周囲及び回路基板に発熱部品の取り付けを避ける。

 

二、容量取り付けの注意事項

 

a、使用済みコンデンサは再使用できないが、周期検査として取り外して電気性能をテストすることができる。

 

b、コンデンサが充電されている場合、使用前に約1 kΩの抵抗で放電しなければならない。

 

c、コンデンサが35℃を超え、湿度が70%を超える条件下で保管すると、その漏れ電流が上昇する可能性があり、使用前に約1 kΩの抵抗により定格電圧処理を加えることができる。

 

d、設置前にコンデンサの定格容量、電圧と極性を確認する。

 

e、地面に落ちたコンデンサは使用しないでください。

 

f、変形したコンデンサは使用しないでください。

 

gコンデンサの正負リードピッチはPC基板の溶接孔の位置と一致しなければならない。コンデンサを穴の距離が合わない回路基板に強制的に挿入すると、引き出し線に力を入れる必要があり、コンデンサの短絡や漏れ電流の上昇を招くことがある。

 

h、設置時にコンデンサの底部がPC基板の表面に貼るまでコンデンサピンまたは溶接針をPC基板に挿入する。

 

イ、規定を超える機械的圧力を加えないこと。コンデンサ引き出し線に引張力が印加されると、この引張力がコンデンサ内部に作用し、コンデンサ内部が短絡し、開回路または漏れ電流が上昇する恐れがある。コンデンサを回路基板に溶接し、コンデンサを強く揺動させない。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。