プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

ビデオ監視においての一般的なシステム障害(上編)
2022-09-02
View:31
Author:ipcb      Share

ビデオ監視とは、フロントエンドカメラ、伝送ケーブル、ビデオ監視プラットフォームからなる安全防止システムです。ビデオカメラはネットワークデジタルカメラとアナログカメラに分けられ、フロントエンドのビデオ画像信号の収集とすることができます。それは防犯能力の高い総合システムです。発展に伴い、ますます多くの公衆の場でビデオ監視システムが使用されるようになり、それに伴いシステム障害が頻発しています。

 

ビデオ監視に関するFAQ解析

 

1、電源の不正による設備故障

 

電源が正しくない場合は、電力供給回路や電力供給電圧が正しくない、電力が足りない(またはある回路の電力供給回路の線径が足りない、降圧が大きすぎるなど)、電力供給システムの伝送路に短絡、遮断、瞬間過電圧などの可能性があります。特に、給電エラーや瞬間的な過電圧により機器が破損する場合があります。

 

2、設備又は部品自体の品質問題

 

一般的に、真剣に選択された商品化された設備や部品に品質問題は発生してはなりません。問題が発生しても、システムが使用され、かなりの時間実行された後に発生することがあります。上記の製品自体の品質問題のほかに、よく見られるのは設備の調整が不適切であることによる問題です。例えば、カメラのバックカットの調整は非常に細かい作業が必要です。真剣に調整しないと、ピントが合わなかったり、三可変レンズの各種操作時にデフォーカスが発生したりするなどの問題が発生します。また、カメラ上のスイッチや調整つまみの位置が正しいかどうか、システムの技術的要件に合っているかどうか、デコーダエンコードスイッチや他の調整可能な部位の設定が正しいかどうかは、デバイス自体の正常な使用に直接影響したり、システム全体の正常な性能に影響したりします。

 

3、デバイス(または部品)とデバイス(または部品)との接続が正しくないことによる問題

 

1)インピーダンスが整合していない。例えば、インピーダンスが高抵抗のモニタにビデオが接続されると、画像が明るく、文字がぶれたり、文字が出たりしたときにないことがあります。

 

2)通信インタフェースまたは通信方式が間違っている。このような状況は、制御ホストとデコーダや制御キーボードなどの通信制御関係のあるデバイスとの間で発生することが多いです。この大半は、選択された制御ホストやデコーダ、制御キーボードなどがメーカーの製品ではないためです。一般的に、メーカーによって採用されている通信方式や伝送の制御コードは異なります。そのため、ホスト、デコーダ、制御キーボードなどに対して同じメーカーの製品を選択しなければなりません。

 

3)駆動能力が規定された設備接続数を満たしていないか超えています。例えば、制御ホストに対応するマスターキーボードとサブキーの数には規定があります。規定数量を超えるとシステムが動作しなくなります。デコーダ雲台の動作電源電力は実際の雲台より低く、雲台を駆動することはできません。

 

4、雲台の故障。使用後すぐに雲台が動かなくなったり、まったく動かなくなったりするのは、雲台によくある故障です。

 

このような状況の出現は製品の品質の要素を除いて、主に以下の各種の原因によるものです。カメラを雲台の回転台の上部に正装すること(つまり、カメラを雲台の回転台の下に置くこと)のみが許可されている雲台は、使用時に揚重される方式(つまり、カメラを雲台の回転台の下に置く)が採用されています。この場合、揚重方式は雲台の運転負荷を増大させるため、使用して間もなく雲台の伝動機構が損傷し、モータが焼失することもあります。

 

カメラやそのカバーなどの総重量は雲台の荷重を超えています。特に屋外で使用される雲台は、カバーの重量が大きすぎて雲台が動かない(特に垂直方向に動かない)という問題がよく発生します。室外雲台は環境温度が高すぎ、低すぎ、防水、凍結防止措置が不良で故障し、破損しました。

 

5、距離が遠すぎる場合、操作キーボードはデコーダを通じてカメラ(レンズを含む)と雲台を遠隔制御することができません。

 

これは主に、距離が遠すぎると制御信号が減衰しすぎ、デコーダが受け取った制御信号が弱すぎることに起因します。この場合、整形制御信号を増幅するために、一定の距離に中継ボックスを装填すべきです。

 

6、モニターの画像コントラストが小さすぎて、画像が薄いです。

 

この現象は、ホストやモニタ自体を制御する問題ではなく、伝送距離が遠すぎたり、ビデオ伝送路が減衰しすぎたりすることです。この場合、回線の増幅と補償のための装置を加えるべきです。

 

7、画像の鮮明度が高くなく、細部が失われ、深刻な場合はカラー信号が失われたり、色が飽和したりして小さいです。

 

これは、3 MHz以上の周波数の信号が実質的に失われるため、画像信号の高周波端損失が大きすぎるためです。この場合、または伝送距離が遠すぎて、中間に増幅補償装置がない、あるいはビデオ伝送ケーブルの分布容量が大きすぎるため、あるいは、伝送路の芯線と遮蔽線との間に集中分布する等価容量が発生したことによるものです。


(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。