プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCB技術ガイドラインー反射信号
2022-09-27
View:36
Author:ipcb      Share

1本の引き廻し線が正しく終端されていない(終端整合)場合、駆動端からの信号パルスは受信端で反射され、それによって予期しない効果を引き起こし、信号輪郭を歪ませます。歪み変形が非常に顕著な場合は、多くのエラーを引き起こし、設計の失敗を引き起こすことがあります。同時に、歪み変形した信号のノイズに対する感受性が増加し、設計失敗を引き起こすこともあります。このような状況が十分に考慮されていなければ、EMIは大幅に増加し、これは単に自分の設計結果に影響を与えるだけでなく、システム全体の失敗を引き起こす可能性があります。

 

反射信号発生の主な原因:長すぎる引き廻し、整合されていない終端伝送路、過剰容量またはインダクタンス、およびインピーダンス不整合など。

 

遅延とタイミングエラー

 

信号遅延とタイミングエラーは、信号が論理レベルの高閾値と低閾値との間で変化している間、信号がジャンプしないように一定時間維持されていることを示している。信号遅延が多すぎると、タイミングエラーやデバイス機能の混乱を招く可能性があります。

 

通常、複数の受信側がある場合に問題が発生します。回路設計者は、設計の正確性を確保するために、悪い場合の時間遅延を決定しなければならない。信号遅延の原因:駆動過負荷、引き廻し長すぎ。

 

論理レベルしきい値を複数回またぐエラー

 

信号はジャンプ中に論理レベルのしきい値を何度も越えてこのタイプのエラーを引き起こす可能性があります。論理レベルしきい値を複数回またぐエラーは、信号の発振が論理レベルしきい値の近くで発生し、論理レベルしきい値を複数回またぐと論理機能が乱れる特別な形式です。反射信号の発生原因:長すぎる引き廻し、終端されていない伝送路、過剰容量またはインダクタンス、インピーダンス不整合など。