プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - ChatGPTが米国の防衛産業基盤に与える影響

PCBニュース

PCBニュース - ChatGPTが米国の防衛産業基盤に与える影響

ChatGPTが米国の防衛産業基盤に与える影響
2023-03-06
View:332
Author:Leota      文章を分かち合う

ジョージ・メイソン大学ビジネススクールのグレッグ氏とカミル・バローニ政府契約センター研究員のノア・リバース氏(Noah Rivers)はこのほど、世界に大人気があったChatGPTが米国の防衛産業基盤に与える影響について次のようになりました。

 

ChatGPTは、米国の人工知能実験室OpenAIが開発した人工知能チャットロボットツールです。202211月の発売から2カ月後には、最速で1億人のアクティブユーザーに達する消費アプリケーションとなり、ビジネスや学界に深刻な影響を与え始めています。

 

ChatGPT(またはその後継と関連技術)がどの程度国家の安全と国防調達に影響を与えるかは明らかではありません。この技術には人類に取って代わる能力がないからです。しかし、最初の使用例であるこのツールに対する反応に基づいて、ChatGPTはすでに国防専門家にメリットとリスクをもたらしています。


3.6 ChatGPT.png

図1 OpenAI

一、メリットの面

 

ChatGPTは機械学習に基づく言語モデルGPT-3.5に由来し、創始的な生成型人工知能と考えられています。これは、ユーザーと対話し、さまざまなテキスト形式の問題やプロンプトに対して詳細な人間のような応答を生成できることを意味します。これはChatGPTが様々な分野にまたがる有用なツールであることを証明しています。例えば、医療保健、不動産、公共関係、マーケティング、カスタマーサービス、メディア業界では、予約から記事作成までのさまざまなタスクを遂行するために、生成型人工知能の反復、特にChatGPTを使用している企業もあります。ChatGPTはまた、さまざまな試験に合格したことでトップニュースに登場し、入門級Googleソフトウェア工学の仕事に正解した技術的な問題や、あるロースクールの試験やウォートン・ビジネス・スクールの論文で合格しました。

 

国防分野では、中小企業であれ大企業であれ、時間がかかる規制に文句を言っているが、中小企業は政府契約のプロセスや手順に慣れていないため、連邦調達法規の基準を守る上でより多くの困難に直面することがあります。ChatGPTはこの問題の解決を支援することができた。YouTubeクリエイターが示したように、このツールは政府契約の枠組みを作成するために使用できます。これは包括的なソリューションではありませんが、全力を尽くして落札を目指す中小企業(SMB)の創業者を支援することができるに違いありません。Bridge 4 Acquisitionsのミーガン・ヴァンホーン総裁(Megan VanHorn)によると、ChatGPTは契約の起草と審査に役立つといいます。彼女は、政府契約の分野で正しい知識と経験がなければ、このツールは大きな効果を生むことはないが、正しい専門知識を加えると、政府契約を勝ち取るための時間とお金を節約するための転覆的な技術になると指摘しました。

 

国防総省も、生成型人工知能を利用した連邦調達プロセスの迅速化と簡素化のメリットに注目しています。今年、米国防総省の首席デジタル・人工知能事務所は、「Acqbot」と呼ばれる人工知能駆動の契約書作成能力を開発し、テストしていると発表しました。このツールは、契約書の起草担当者が契約書を作成し、契約ライフサイクルを管理するのを支援することを目的としています。現在、このツールは開発中であり、大量の入力データと人手による監督管理が必要です。

 

二、デメリットの面

 

ChatGPTは、サイバー犯罪者に米国国民と連邦政府のサイバーセキュリティ態勢を脅かす一連の潜在的な応用を提供する可能性があります。スクリプト小僧、ハッカー、詐欺師を含む非国家脅威行為体によって様々な形のサイバー犯罪に従事してきたが、将来的にはChatGPT技術が国家行為体によってサイバースパイ活動、情報操作、サイバー攻撃に使用される可能性があり、ますます深刻な破壊的な影響を与える可能性があります。ChatGPTは使いやすく、基本的なネットワーク熟練度のあるユーザーアクセスを提供することができ、さまざまな犯罪行為体の使用敷居を下げることができます。

 

国家安全保障または国防契約分野の最も重要な任務を達成するには、ChatGPTにはまだ長い道のりがあります。生成された情報は自信があるように見えますが、さらに検証されていない場合は信頼できないことがよくあります。ChatGPTは潜在的なエラー情報を識別できません。OpenAI自身のFAQページによると、ChatGPTは時に間違いや偏見のある答えを生むことがあり、2021年までに起きたことをあまり知らないといいます。ソフトウェア開発者の中には、深刻なエラーを伴うコードを生成することが多いため、ChatGPTの答えを無効にする人もいます。

 

その限界を考慮すると、現在のバージョンのChatGPTはすぐに国家安全保障や政府契約調達を完全に変更することはありません。それでも、政府請負業者や国防総省のスタッフは、今後数年間の人工知能や機械学習に基づく能力が業界にもたらすメリットとデメリットをよりよく理解しなければなりません。チャットロボットがより「スマート」になると、十分に精通した国防専門家は、ChatGPTなどの人工知能の進歩に対する認識を高め、この技術の利点を十分に活用して安全リスクを防ぐことができます。


(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/或いはhttps://www.ipcb.com/jp/をご覧ください。