プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - PCB基板ファイルをドリルデータおよびGERBERファイルに変換するメリット

PCBニュース

PCBニュース - PCB基板ファイルをドリルデータおよびGERBERファイルに変換するメリット

PCB基板ファイルをドリルデータおよびGERBERファイルに変換するメリット
2023-03-17
View:226
Author:Leota      文章を分かち合う

PCB基板ファイルをドリルデータとGERBERファイルに直接変換すると手間が省けるが、多くの電子エンジニアはPCBファイルを工場に移管する際にPCBファイルをドリルデータとGERBERファイルに変換してから渡すのではなく、PCB基板ファイルを設計したりPCB基板ソフトウェアからエクスポートしたりしてPCB加工工場に直接送ることに慣れています。


CAM350

図1 CAM350

 

電子エンジニアとPCBエンジニアのPCB基板に対する理解が異なるため、PCB工場から変換されたGERBERファイルはあなたが望んでいるものではない可能性があります。設計時に部品のパラメータをPCB基板ファイルに定義した場合、これらのパラメータをPCB製品に表示させたくありません。説明していませんが、PCB工場はこれらのパラメータをPCB製品に残しておきました。これはほんの一例です。PCBファイルをGERBERファイルに自分で変換すると、このようなイベントを回避できます。

 

GERBERファイルは国際標準の光描画形式ファイルで、RS-274-DRS-274-X2種類の形式を含み、その中でRS-274-Dは基本GERBER形式と呼ばれ、同時にDコードファイルを付属しなければ1枚の図形を完全に記述できません。RS−274−Xは拡張GERBERフォーマットと呼ばれ、それ自体にDコード情報が含まれています。一般的なCADソフトウェアでは、この2つのフォーマットファイルを生成できます。


Gerber Output

図2 Gerber Output

 

生成されたGERBERの正確性をどのようにチェックしますか。ソフトウェアViewmate V 6.3にこれらのGERBERファイルDコードファイルをインポートするだけで、画面に表示されたり、プリンタを介して表示されたりすることができます。

 

ドリルデータは各種CADソフトウェアからも生成でき、一般的なフォーマットはExcellonで、Viewmateにも表示されます。ドリルデータがなければ当然PCB基板は作れません。