プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - 圧延銅と電解銅の違いについて

PCBニュース

PCBニュース - 圧延銅と電解銅の違いについて

圧延銅と電解銅の違いについて
2023-03-21
View:1510
Author:Leota      文章を分かち合う

一、圧延銅、電解銅の紹介について

 

粗銅(含量銅99%)を予め厚板を陽極とし、純銅を薄片を陰極とし、硫酸(H2SO4)と硫酸銅(CuSO4)の混合液を電解液としました。通電後、銅は陽極から銅イオン(Cu)に溶解して陰極に移動し、陰極に到達すると電子が得られ陰極に純銅(電解銅とも呼ばれる)が析出します。粗銅中の不純物である銅が活性な鉄や亜鉛などは、銅とともにイオン(ZnFe)として溶解します。これらのイオンは銅イオンに比べて析出しにくいため、電解時に電位差を適切に調節すればこれらのイオンが陰極上に析出するのを回避することができます。銅よりも不活性な不純物、例えば金や銀などが電解槽の底に堆積しています。このようにして生産された太銅板は、「電解銅」と呼ばれ、品質が高く、電気製品を作ることができます。電解槽の底に沈殿した「陽極泥」は、金銀を豊富に含み、非常に貴重な物質で、極めて高い経済価値を持っています。

 

①電解銅の用途

 

電解銅は電気、軽工業、機械製造、建築工業、国防工業などの分野に広く応用され、我が国の色金属材料の消費の中でアルミニウムに次ぎます。

 

銅は電気、電子工業の中で最も広く、使用量が最も多く、総消費量の半分以上を占めています。各種ケーブルや導線、モータや変圧器の巻線、スイッチ、プリント配線板などに使用されています。

 

機械と輸送車両の製造では、工業用バルブと部品、計器、滑り軸受、金型、熱交換器、ポンプなどの製造に使用されます。

 

化学工業では真空器、蒸留釜、醸造釜などの製造に広く応用されています。

 

建設工業では、各種の配管、配管部品、装飾部品などに使用されています。

銅箔

図1 銅箔

二、圧延銅箔の紹介について

 

圧延銅箔(Rolled copper foil)の基本的な意味:銅箔は薄いという意味です。銅箔は薄い銅製品です。紙のような銅で、その厚さはミクロンで表されています。一般的に5 um-135 umの間では、薄いほど広いものは生産されにくいです。圧延とは、圧縮延長された銅箔を意味します。

 

圧延銅箔は電解銅箔より強度が高く、曲げ性、延性、めっき性、導電性が良く、表面光沢が優等な特徴があり、電子電器、通信、集積回路、自動車、機械製造、建築などの多種の業界に広く使用され、一部の製品の代替できない原料または基材です。

 

①圧延銅箔製品の特性

 

圧延銅箔は低表面酸素特性を有し、金属、絶縁材料などの様々な基材と付着でき、広い温度使用範囲を持ちます。主に電磁シールド及び帯電防止に応用し、導電銅箔を基板面に置き、金属基材を結合し、優れた導通性を有し、電磁シールドの効果を提供します。自己接着銅箔、二重導銅箔、単導銅箔などに分けることができます。

 

電子級銅箔(純度99.7%以上、厚さ5 um-105 um)は電子工業の基礎材料の一つである電子情報産業が急速に発展し、電子級銅箔の使用量はますます大きくなり、製品は工業用計算器、通信設備、QA設備、リチウムイオン蓄電池、民生用テレビ、ビデオレコーダー、CDプレーヤー、コピー機、電話、冷暖房エアコン、自動車用電子部品、ゲーム機などに広く応用されています。国内外市場における電子級銅箔、特に高性能電子級銅箔への需要は日増しに増加しています。関連専門機関の予測によると、2015年までに、中国の電子級銅箔の国内需要量は30万トンに達し、中国は世界界のプリント配線板と銅箔基地の最大製造地となり、電子級銅箔、特に高性能箔市場が好調です。

 

圧延銅箔の特徴

 

1、高堅持活性物質

 

2、優れた引張強度

 

3、高い伸び率

 

4、使用可能なミクロン厚さ範囲

 

三、圧延銅と電解銅の違い

 

1、圧延銅と電解銅の用途の区別

 

1)圧延銅の用途:圧延銅は主に携帯電話のカメラなどに用いられる。

 

2)電解銅の用途:電解銅は主にプリント基板の製造に用いられる。

 

2、圧延銅と電解銅の色の違い

 

1)圧延銅色:圧延銅偏黄。

 

2)電解銅の色:電解銅が赤くなる。

 

3、圧延銅と電解銅の製造技術の違い

 

1)圧延銅の製造方法:圧延銅は塗布方式により製造されます。圧延銅は銅インゴットで圧搾し、鍛造火、抗酸化、粗化処理などを経て製造されます。電解銅に対して圧延銅の生産は比較的困難で、全世界でも現在3社しか大量生産できず(関連報告によると)、延性は30%以上に達することができます。

 

2)電解銅の製造技術:電解はめっき技術によって完成します。電解銅は電流を利用して硫酸銅溶液中の銅イオンを析出させたもので、さらに酸化防止及び粗化処理などのプロセスを経て完成しました。電解銅の最高のSHTE型も15%-20%)で、主にFPC、ノートパソコン、タブレット、プリンターなど遮蔽が必要な場所に応用されています。

 

4圧延銅と電解銅の品質と使用上の区別

 

1)圧延銅の品質と使用:圧延銅は押出方法によって銅箔を得て、その特徴は:耐折曲性は良いが、導電性は電解銅より弱く、主に携帯電話のカメラなどを裏返すために用いられます。外観から見ると、電解銅は赤くなり、圧延銅は黄みがかっています。

 

2)電解銅の品質と使用:電解銅は文字通り電解の方法によって銅イオンを基材に吸着させて銅箔を形成するので、その特徴は導電性は強いが、耐屈曲度は比較的に弱いです。

 

5、圧延銅と電解銅の性能の違い

 

1)圧延銅の性能:圧延銅の曲がり性はより良く、一般的に曲がり要求のある製品は圧延銅を使用する。

 

2)電解銅の性能:電解銅は導電性が少し良い。

 

6、圧延銅と電解銅の価格区別

 

圧延銅の単価は電解銅より高い。

 

7、圧延銅と電解銅の分子密着度の違い

 

電解銅の分子は比較的に緩んでいて、切れやすいです。圧延銅は分子が緊密で、柔軟性が良く、薄いほど柔軟性が良い、リン含有圧延銅は分子が繊細で、後処理めっき表は観光的に明るいが、柔軟性は純圧延銅より劣ります。

 

8圧延銅電解銅の結晶構造の区別

 

圧延銅は垂直配列で、電解銅を重ねて配列します。