プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - ICTオンラインテスタの役割と機能

PCBニュース

PCBニュース - ICTオンラインテスタの役割と機能

ICTオンラインテスタの役割と機能
2023-04-03
View:362
Author:Sabrina      文章を分かち合う

ICT=In−Circuit−Tester、ICTはPCBA自動オンラインテスターであり、現代電子企業に必要なPCBA生産の試験設備であり、ICTの使用範囲が広く、測定の正確性が高く、検出された問題に対して訓示が明確であり、電子技術水準の一般的な労働者が問題のあるPCBAを処理しても非常に容易である。ICTは生産効率を大幅に高め、生産コストを削減することができる。


ICTは主にPCBAの電荷検出に用いられ、それを高級なマルチメーターに想像することができ、それは電子部品を本体板から取り外すことなく針穴を通じて本体板上のすべての部品の電荷とその電気溶接溶接にオン/ショート故障の難題があるかどうかをテストすることができる。


ICTの試験原理は針床相互接続ホストボード上に少し配置された試験用例を用いて試験目的を実現することであり、ICTは針穴を使用して全部品の接触脚に設置して試験用例を広げなければ正確に測定できず、抵抗値、容量値及び動作電圧を正確に測定することができない。


0a1bfc7ad639ef78fdf5f8b535da4536.jpg

ICT自動オンラインテスタ


ICTはPCBAオンライン上の素子の電力効率と回路ネットワークの接続状況を検査する。抵抗、容量、インダクタンス、結晶振動などのデバイスを定量的に測定することができ、ダイオード、三極管、光結合、変圧器、リレー、オペアンプ、電源モジュールなどの機能テストを行い、全74系列、Memory類、常用駆動類、交換類などのICなどの中小規模の集積回路の機能テストを行うことができる。


ICTは、オンラインデバイスの電力効率を直接試験することにより、製造技術の欠陥と部品の不良を発見した。部品類は部品値の一時的な差、故障または破損、Memory類のプログラムエラーなどを検出することができる。プロセス類に対して、例えば半田短絡、素子挿入ミス、挿入反、漏れ、管脚反り、虚溶接、PCB短絡、断線などの故障を発見することができる。


ICTテストの故障は直接具体的な素子、デバイスピン、ネットワーク点に位置し、故障位置は正確である。故障の修理には専門知識は必要ありません。プログラム制御を採用した自動化テストは、操作が簡単で、テストが迅速で、単板のテスト時間は一般的に数秒から数十秒である。


ICTの汎用機能

1、ICTはわずか数秒以内に、組立マザーボード上の部品:抵抗器、コンデンサ、インダクタ、電気結晶、FET、LED、一般的な二極体、レギュレータ二極体、光レンコン器、ICなどの部品を検査することができ、私たちがカスタマイズした規格型番内で運行するかどうか。

2、ICTは前期に製造不良の所属を見つけることができて、例えば回路短絡、短絡、部品漏れ、逆方向、間違い、空溶接などの様々な難題、感謝は製造の向上にフィードバックする。

3、ICTは上記のよくある故障またはよくないニュース情報を紙送り器に印刷して検査結果を印刷することができて、よくある故障部位、部品の定員値、検査値を含んで、修理労働者が参照するために。責任者の研究開発に対する科学技術依存度をさらに下げることができ、製品の品質配電線を把握する必要がなく、依然として修理能力がある。

4、検査不足のニュース情報を統計的に分析し、生産管理者が分析することができ、さまざまな不良形成の原因を見つけることができ、人為要素を含むことができ、それぞれの処理、健全、是正を行い、配線板の生産製造と品質水準を高めることができる。


ICTの役割

1、電解コンデンサの正負極検出技術

電解コンデンサ逆方向、ドレイン100%測定

並列電解コンデンサ逆方向、ドレイン100%測定


2、電解コンデンサの正負極検出技術の動作原理

ICTとは、3本目の針を通じて電解コンデンサの上部に励起信号を追加し、3点目と正または負の端との間の反応信号をトンネルで検出することである


ICTはDSP(データ信号解決)技術性を用いて計算を行った後、空間ベクトル(Vectors)のセットに変換し、DFT(DiscreteFourierTransform、離散変数式フーリエ変換)及びFFT(FastFourierTransform、迅速フーリエ変換)などの計算方法を通じて、量取の反映信号をt(time)domain(オシロスコープ信号)からf(frequency)domain(スペクトル分析器信号)の空間ベクトルのセットに変換する。


Learningを経て規範的な数値のセットを取得し、次に測定対象物(DUT-DeviceUnderTest)のトンネル検出値をPatternMatch(特徴認識照合技術性)と元の指標値を経て照合し、測定対象物の正負極が正しいかどうかを決定する。


ICTテストポイント設計規範と配置要求


NET試験点の被覆率≧95%。


ICT試験Padの直径は≧1、0 mmが必要で、PCB空間の制限を受けると、ICT試験Padの直径は0、9 mmに縮小することができる。


試験点中心対中心距離≧1、27 mm。


ICTテストポイントとSMDパッドの安全距離は以下の要求を満たす必要があり、部品ミリングの譲位空間とテスト針の設置空間を保証する。


シリアル番号SMD部品カテゴリICTテストポイントエッジとSMDパッドエッジ距離

SMD素子の高さ<5 mm≧0、3 mm

SMD素子の高さが5 ~ 8 mm≧1 mmの場合

SMD素子の高さ≧8 mm≧1、5 mm


溶接を選択するものがあれば、ICT試験点エッジ距離は溶接面のTHTパッドエッジ≧4 mmである。

ICT試験点エッジは板エッジから≧2 mm離れている。


ICT試験点エッジと単板のPCB位置決め穴エッジの距離は≧3、0 mm必要である。


Viaホールをテストポイントとして使用することはお勧めしません。


ICTテストポイントはできるだけPCBの同じ面に置き、PCBA表面に均一に分布し、局所密度が高すぎることを避ける。


レイアウトの制限により両面に配置する必要がある場合は、Top面のピンポイントはBottom面よりも少なくなります。


タイルのICT試験点総数制限:タイル数の1/2*単板試験点数≦1100点、限界1200点。