プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBAボードの7種類の性能試験

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBAボードの7種類の性能試験

PCBAボードの7種類の性能試験
2023-07-10
View:179
Author:Sabrina      文章を分かち合う

PCBA板の性能試験はPCBA代行が完成した後、製品の性能の安定を確保するために必要な試験であり、製品の実際の使用環境と目的に基づいて、一般的に耐圧試験、絶縁試験、塩霧試験、インピーダンス試験、振動試験、高温高湿試験、溶接強度推力試験に分けられる。この7種類のPCBAボードの性能テストについて詳細に説明します。


1、PCBA板耐圧試験

耐圧試験の目的は回路基板の耐圧能力を検出することであり、必要な設備は「耐圧テスタ」である。

試験方法:試験が必要なPCBAボードをテスターに接続し、100 V/S以下の速度で500 V DS(直流電力)に電圧を追加し、30秒以上保持し、回路に故障がなければ試験に合格することを表す。


2、PCBAボードのリーク電流試験

リーク電流試験の目的は、回路基板のリーク電流が要求内にあるかどうかを検査することであり、必要な機器は「リーク電流試験器」である。

試験方法:類比PCBA基板は正常動作状態条件下、回路基板の正常温度状態下、製品は電源両極間のリーク電流に接触でき、電流が設計基準より小さいと試験に合格することを代表する。


3、PCBA板塩霧試験

塩霧試験の目的は回路基板の耐食性を検査することであり、必要な設備は「塩水噴霧試験機」である

試験方法:まず、235塩溶液を配合し、235を配合する方法は:化学純塩化ナトリウムと抵抗率が5000オーム*CM蒸留水または脱イオン水で製造し、5%の塩化ナトリウムと95%の水を用いて、十分な混合を経て、塩化ナトリウム含有量が5±1%の塩溶液を製造する。塩溶液の配合後、温度35℃の試験場所で48時間連続噴霧し、1時間当たりの噴霧量は80 CM平方/10 CMに達し、48時間後、製品の各機能は正常で、外観、構造が正常であれば試験に合格することを代表する。


ea7d87f17d9cd9bebb39238a92592cce.jpg

PCBAボード


4、PCBA板インピーダンス試験

インピーダンス試験の目的は基板回路が正常に動作するかどうかを検査することであり、必要な機器は「オーム計」である

試験方法:回路基板の伝送路と電池を接続し、伝送路反射よりも短い時間で測定したインピーダンスを測定すると、「サージ」インピーダンスまたは特性インピーダンスが得られるが、エネルギー反射が戻ってきて受信するまで十分に長い時間を待つと、測定によりインピーダンスに変化が見られる。一般的に、インピーダンス値が上下に跳ね返ると安定した限界値に達する。もし限界値が規定範囲内であれば、テストに合格したことを示します。


5、PCBA板振動試験

振動試験の目的は回路基板が等級の異なるランダム振動試験に合格できるかどうかを検出することであり、必要な設備は「振動計」である

試験方法:回路基板または梱包した回路基板を試験台に固定し、周波数20 Hz、軸方向:X、Y、Zの3つの軸方向を設定し、持続時間は各方向に1時間、計3時間、試験終了後、回路基板の機能は正常で、外観、構造は正常で、部品の溶接緩みが見られず、割れなどの異常は試験合格を代表する。


6、高温高湿試験

高温高湿試験の目的は、高温高湿の悪条件における回路基板の適用性を検査することであり、必要な設備は「恒温恒湿試験箱」である。

試験方法:PCBA板は倍定格電圧導通にあり、定格負荷の動作状態で、動作姿勢で試験箱に入れ、実際の動作時の温湿度情況を類比し、実際の動作時の温湿度が分からない場合、温度70±2℃、湿度90-95%の間を設定し、8時間動作し続けることができ、PCBA板の基本機能が正常で、外観と構造が正常であれば、試験に合格することを代表する。


7、PCBA板の溶接強度推力試験

溶接強度推力試験の目的は部品の溶接強度が要求を達成したかどうかを試験することであり、必要な設備は「推力計」である

試験方法:溶接したPCBAを推力計の上に置き、異なる規格の部品に異なる通過要求があり、一般的には目標部品のエッジの他の部品を除去し、それから計器をゼロにし、≦30度の角度で推力試験を行い、部品が溶接から外れたかどうかを検査し、部品の溶接から外れた数値を記録する。


常用規格の部品推力基準は:0402規格部品の推力基準は:0.65 Kgf、0603規格部品の推力基準は:1.20 Kgf、0805規格部品の推力基準は:2.30 Kgf、1206規格部品の推力基準は:3.00 Kgfである。

以上が7種類の一般的なPCBAボード性能試験方法であり、皆さんは自分の製品の実際の状況に基づいて異なるPCBA試験方法を選ぶことができます。