プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - LEDパッチ加工上の注意事項

PCBAの技術

PCBAの技術 - LEDパッチ加工上の注意事項

LEDパッチ加工上の注意事項
2023-12-12
View:145
Author:sabrina      文章を分かち合う

LEDは現在の可視光応用の中で最も広範な電子部品であり、家電製品のスイッチランプ、携帯電話のキーボードランプ、自動車計器盤照明など、各種使用表面実装構造の電子製品に広く応用されている。液晶ディスプレイ(LCD)のバックライトとしても広く使用されています。


多くのSMTパッチ工場ではLEDランプのパッチ加工が行われていますが、LEDランプのSMTパッチと通常のPCBのパッチ加工にはまだいくつかの違いがあり、注意すべき事項も異なりますが、LEDパッチ加工の過程で、注意すべき事項は何がありますか。


LEDパッチ加工の注意事項:

1、防湿防湿

LEDパッチ加工の過程では、湿気や湿気に注意しなければならない。輸送と貯蔵時の吸湿を避けるため、パッチLEDの包装は防湿アルミ包装袋を採用し、包装には乾燥剤と湿度カードが含まれており、乾燥剤は主に包装袋の温度を制御する役割を果たし、湿度カードは主に袋の湿度を監視するために使用される。


2、温度

LEDランプにパッチ加工製品を行う際には、温度の制御に注意しなければならない。LEDランプビーズのPPA部分の最高耐用温度は260℃前後であるため、溶接温度はこの温度を超えてはならず、同時に時間を制御し、PPAが熱変形や黄色くならないようにしなければならない。


3、清潔

LEDパッチ加工中は、不明な化学液体がLEDを損傷する可能性があるため、不明な化学液体でLEDを洗浄することはできません。必要に応じて、アルコールランプの中に入れて、浸漬時間は1分を超えないで、それから自然に15分乾燥して、それから使えばいいです。

パッチLEDが破損する可能性があるので、未知の化学液体を使用してパッチLEDをクリーニングしないでください。洗浄を行う場合は、パッチLEDをアルコールに浸漬し、通常の室温で1分未満浸漬し、自然乾燥15分後に使用を開始します。


6fca6886a5ca6eacb10c81a1de3c9ef0.jpg

LED PCBA



4、貯蔵

パッチLED貯蔵包装の密封保存後の温度条件は40℃未満であった。


4、ESD静電防護

LED(特にInGaN構造の青色、エメラルドグリーン、紫色、白色、ピンク色LED)は静電感受性素子であり、静電または電流過負荷はLED構造を破壊する。


LEDが静電気的なダメージを受けたり、電流過重になったりすると、リーク電流が大きすぎたり、VFが低くなったり、点灯できなかったりするなどの性能異常を引き起こす可能性があります。したがって、次の点に注意してください。


a、LEDに接触する時、静電気防止リストバンドまたは静電気防止手袋を着用すること。

b、すべての機械設備、工具、テーブル、材料棚など、適切な接地保護を行うべきである。

c、LEDの貯蔵または運搬には静電気防止バッグ、静電気防止ボックス及び静電気防止回転箱を使用し、通常のプラスチック製品の使用を厳禁する。

d、作業中、イオンファンを使用して静電気の発生を抑えることを提案する。

e、LED素子から1フィート離れた環境範囲内の静電場電圧は100 V未満である。



5、溶接

a、リフロー溶接条件は第1ページの温度曲線を参照する。

b、リフロー溶接回数は2回を超えてはならない。

c、修理と重工の場合にのみ手作業溶接を使用することを提案する;最高溶接温度は300度を超えてはならず、3秒以内に完成しなければならない。アイロンの最大出力は30 Wを超えないようにしてください。

d、溶接中、高温でコロイドに触れることを厳禁する。

e、溶接後、コロイドに外力を加えることを禁止し、PCBを折り曲げて、素子が衝突することを避けることを禁止する。

現在、LEDの応用範囲はますます広くなり、LEDパッチ加工技術は不可欠な技術の一つになっている。その出現はメーカーにより迅速でより良い生産性を提供するだけでなく、企業にもコストを節約した。