プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA製造におけるDFM製造可能性設計の重要性

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA製造におけるDFM製造可能性設計の重要性

PCBA製造におけるDFM製造可能性設計の重要性
2023-12-27
View:47
Author:sabrina      文章を分かち合う

現在、DFM製造可能性設計サービスを導入しているPCBAメーカーが増えている。これは、PCBA製造前に製造可能性設計(DFM)を行うことで、生産コストを効果的に制御できるからだ。


調査によると、電子製品の設計コストは総生産コストの70%以上を占め、具体的な生産過程で発生するコスト、例えば運営費用、データと人件費などは、生産総コストの20%程度にすぎない。したがって、電子生産コストの制御は設計コストの効果的な制御のおかげであることが大きい。DFMはこのような問題を効果的に解決することができる。


DFMとは?

DFMの意味は製造向けの設計、Design for manufacturability、つまり部品の製造性を高めることから着手して、部品と各種のプロセスを製造しやすくして、製造コストが低くて、効率が高くて、しかもコストの割合が低い。


DFMとは?.jpg

DFMとは?

パッチ加工工場にとって、DFMは通常PCBA製造前にパッチ工場のエンジニアによって操作され、彼らはパッチ加工の生産プロセスをより熟知し、小さな設計面での改善が高品質生産に対する積極的な意義を理解し、この意義は大量のパッチパッケージ製品においてより明らかになった。


DFMによるPCBA製造に関する検査項目は、パッド設計、部品方向、部品ピッチ、リフロー溶接、光学位置決め穴などを含む。


DFM検査の目的は、本番前に生産過程で欠陥が発生する可能性のある問題を解決することです。そうすると、パッチ加工生産が順調に進み、製品の生産量も大幅に向上します。

DFM検査の利点は主に3つの方面に現れている:製品の信頼性を高め、生産コストを下げ、生産周期を短縮する。


製品の信頼性の向上

製品の信頼性を高めることは、すべてのオリジナルデバイスメーカー(OEM)の共通の目標であると考えられています。DFM検査は設計機能の実現を確保し、本番前に生産欠陥を引き起こす可能性のあるコア要素を合理的に修正したことを確保することができる。その結果、製品の信頼性が向上します。例えば、いくつかのリフロー溶接中に発生した欠陥は実際にはパッドの設計ミスによるものであり、DFMエンジニアが組立生産前に設計を最適化すれば、これらのリフロー溶接欠陥は存在しない。


生産コストを下げる

DFM検査の過程で、パッチ組立プロセスもDFM検査の項目の一つである。DFM検査を経て、いくつかの不要な生産ステップが省かれ、生産と労力コストが削減されます。それ以外に、生産プロセスの簡略化に伴い、関連ツール、設備と労働力も節約され、コストは自然に減少し、これは大量生産の中で特に明らかである。


生産サイクルの短縮

電子製品が早く市場に参入すればするほど、得られる収益は多くなる。上述したように、DFM検査は製品の順調な生産に有利であり、生産応用の時間が減少し、生産周期が短縮できる。パッチ組立生産過程において、生産に適合しないパラメータが存在することが発見されると、次の生産中に生産パラメータを製品基準に達するまで徐々に調整しなければならない。DFM検査を採用すると、これらのプロセスは大幅に減少し、それによって生産サイクルを大幅に短縮し、最終製品を迅速に市場に参入させる機会がある。


DFM製造可能性設計.jpg

DFM製造可能性設計


iPCBはPCB基板製造、PCBA製造、部品調達、組立、テスト、書き込みを専門に提供するワンストップ電子製造サービスプロバイダであり、我々はPCBA製造を行う前にDFM製造可能性設計分析を行う必要があり、プロジェクトが有効に行うことができることを確保する。