プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA貼付用グリーン塗料施工

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA貼付用グリーン塗料施工

PCBA貼付用グリーン塗料施工
2023-03-22
View:269
Author:PCB      文章を分かち合う

PCBAのグリーンペイント施工

PCBAのBGA腹底の植球マット系は「緑漆設限」パイプを採取して溶接を完了した。グリーンペイントが厚すぎる(1 ml以上)とマット面が小さすぎると、波溶接が入りにくい「バンプ効果」が現れる。また、切断板の植球は大量のフラックスと高熱量の攻撃の下で働き、はんだを緑漆縁の底に浸透させ、緑漆を浮遊させる危険がある。この点はPCB配線板加工マット面錫ペースト溶接者とは大いに異なる。通常、この種のキャリアプレートはSMD銅マットがやや大きい(ニッケル金を含む場合がある)者は、緑塗料は円周の4 mil周辺幅に登ることができ、銅マットの外側直壁にスズを流すことができないため、応力の尊重の下でその強度はすべての銅マットが形成したNSMD溶接点に及ばない。SMD溶接点を加える応力は消えにくく、その「疲労寿命」は一般的にNSMDの70%にすぎない。実際、一般的なパッケージボードの設計者と生産者は、このようなロジックをあまり理解していないため、携帯電話PCB基板上のさまざまなBGAが小さなマットを受けており、将来の無鉛溶接における強度はますます安全ではない。


1、PCB回路基板の緑漆栓

通常、緑漆栓の機能はPCB配線板のテスト時に、真空を引き出しやすくして板面を迅速に固定するためである、次に、第2の面波溶接における湧錫に侵されないように、第1の面貫通孔付近の配線またはパッドのためである。しかし、充填物が堅固ではなく破裂した者は、依然としてスズ噴霧や波溶接によるスズスラグの強力な圧入による無限の後患を受けることになる。元の表には4種類の栓法が記載されていたが、量産には実用的ではなかった。


2、PCBA溶着後の再波溶接

両面が部分部品の溶接を完了した後、しばしばいくつかの部品の挿通溶接が必要となり、ボールマットの隣接する貫通孔が波溶接熱を第1面に伝え、腹底がReflowで溶接されたボールフットが、再び再溶融を受ける可能性があり、意外な冷溶接や開路を形成する可能性もある。この場合、一時的なHeat ShieldとWave Shieldの2種類の周辺断熱板を利用して、BGAゾーンの上下両面で断熱することができます。


3、回路基板の塞ぎ穴の塞ぎ穴の施工

緑漆孔栓孔の施工方式は:乾膜蓋孔、印刷冠水孔、板面を印刷する時ついでに穴に入る両面栓孔とは前後して表裏でわざわざ穴を塞ぐことを指すが、その中に残っている空気は高温で爆発することがある。専門の栓穴は、特殊な樹脂を利用してわざと先に栓をして硬化させ、それから両面に緑の漆を印刷することです。どんなやり方でも、なかなか完璧にはできない難しい工法だと言えるでしょう。OSPに至ったプレートは、緑のペンキの前に栓をしても後ろに栓をしても通じず、下流で痛ましい失敗をした例が多い。前栓をしてからOSPをすると、スリットに薬液が残って銅孔を傷つけやすくなり、後栓者のベーキングはまたOSP皮膜に不利になり、確かに右往左往している。

PCBA

PCBA

PCBAのBGAの貼付

1、錫ペーストの印刷

使用する鋼板の開口部は、錫膏を動かさずに足を踏み入れたり印刷後に鋼板を持ち上げたりするのに便利なように、狭い下幅の台形の貫通口を採用することが望ましい。一般的な錫ペースト中の金属部分は約90%を占め、その錫粒の大きさは開口部の24%を超えてはならず、ペーストエッジのぼやけを避けることができる。BGA組立印ペーストの最も一般的な使用者は粒径53であるμ mであり、CSPは一般的に粒径38μ m。

脚距離1.0-1.5 mmの大型BGAで、その印刷鋼板の厚さは0.15-0.18 mmで、0.8 mmの密距離BGAより低く、その鋼板の厚さは0.1-0.15 mmに薄くすべきである。開口部の「幅深さ比」は1.5前後に保持してペーストを容易にしなければならない。密距離者の方マット開口の回転角には、スズ粒のカード死を減らすために円弧を呈する必要がある。小品密距離円マット者は、鋼板幅深さ比が66%未満であると、施工された印刷ペーストはマット面より2 ~ 3ミリル大きく、溶接前の一時的な付着力を良くしなければならない。


2、PCBA熱風溶融溶接

90年以降は強制対流式熱空気がReflowの主流となり、その生産ラインにおける加熱段が多ければ多いほど、「温時曲線」を調整しやすくなるだけでなく、生産速度も速くなる。現行の鉛フリー溶接者は平均1 0段以上を備えて、昇温しやすいようにしなければならない(最大14段に達した)。Profile中の高温が板材Tgを超えて長く付き合っていると、PCB配線板が柔らかくなるだけでなく、Z膨張も爆発して内層配線やPTH破断などの災害が発生する可能性があります。スズペースト中のフラックスは130℃以上で活性を示す必要があり、その活性時間は90〜120秒維持できる。様々なゼロアセンブリの平均耐熱限界は220℃であり、60秒を超えてはならない。