プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - LEDパッチの注意事項説明

PCBAの技術

PCBAの技術 - LEDパッチの注意事項説明

LEDパッチの注意事項説明
2023-03-24
View:249
Author:Sabrina      文章を分かち合う

LED技術はすでに発展したのはかなり成熟しており、原材料であれパッケージ技術であれ、しかし一部の顧客は実際に使用する過程で依然として多くの問題が発生して、溶接後の使用過程で死灯、大部分は溶接の温度、時間、その他に過負荷使用による放熱不足死灯、瞬間負荷過などの溶接に現れている。


従来のSMT加工に比べてLEDのパッチはより簡単で、ランプビーズが密集しているランプ基板の生産効率も高いが、LEDにパッチ加工を行う過程でも多くの注意事項があり、アイビー回路はよく見られるLEDパッチの注意事項を簡単に紹介する。

LED.jpg

1、LED防湿防湿

防湿防湿は電子加工工場において不可欠な生産上の注意事項であり、LEDパッチも例外ではない。製品が輸送及び貯蔵中に吸湿されるのを避けるため、SMD LEDの包装は湿気を防ぐアルミ包装袋で包装されている。


2、LED温度

LEDランププレートは生産加工においてPPA部分の高温耐性が強くないため、過炉温度を厳格に制御する必要があり、リフロー溶接工程の温度曲線はランププレートの最高耐用温度を超えてはならず、PCBA変形、黄ばみなどの不良現象が発生しないように過炉時間を制御する必要がある。


3、LEDクリーニング

SMT加工工場では、生産加工が完了した後、ほとんどのプレートに洗浄工程があり、LEDライトプレートを回収するためにはむやみに洗浄剤を使用することはできず、プレートの実際の状況に応じて適切な洗浄剤を選択して洗浄する必要がある。


洗浄が必要な場合は、SMD LEDをアルコールに浸し、通常の室温で1分未満、自然乾燥15分で使用を開始します。不明な化学液体を使用してSMD LEDを洗浄しないでください:不明な化学液体はSMD LEDを損傷する可能性があります。


化学品でコロイドを洗浄する際は特に注意しなければならない。一部の化学薬品(例えば、トリオキシエチレン、アセトンなど)がLEDエポキシ体表面に損傷を与え、退色を引き起こす可能性があるため、もしLEDを洗浄する必要がある場合は、エタノールで拭き、浸漬し、浸漬時間は常温で1分を超えない。


超音波浄化はLEDに影響を与え、これは超音波発振器の出力電力と関係があり、この超音波洗浄LEDの前にその設定パラメータを評価し、LEDに損傷を与えないようにしなければならない。


4、LEDストレージ

包装袋の密封後の貯蔵条件は温度<40℃、湿度<90%RHであり、新生産品の保存期間は1週間程度である。賞味期限を超えると、焼き直す必要があります。非新生産品は使用前にベーキング作業を行うことをお勧めします。


包装を開ける前に、包装袋から空気が漏れていないかチェックしてください。空気が漏れている場合は、焼き直してから使用してください。


開封後は、温度<30℃、湿度60%RH以下の条件で使用してください。開封後24時間以上使用していない場合は、以下のベーキング処理をしなければ使用できません。


ベーキング条件:製品はオーブンで70℃±5℃の温度である。相対湿度≦10%RH、時間:12時間。


包装袋から製品を取り出してから焼いて、包装袋は必ず出して、製品だけを焼いて、焼いている間にオーブンのドアを開けてはいけません。


5、LED溶接

LEDの手作業及び溶接作業

側面溶接ビット付きSMDの場合は、焼灼溶接を使用することができ、焼灼は25 Wより少なくなければならず、焼灼温度は315℃より低く維持しなければならず、溶接時間は3秒を超えてはならない。はんだごてがシリコンやエポキシ樹脂部分に触れることはできません。


このパッチLEDが底部にのみパッドがある場合は、まずディスペンサーでランプ対応のパッドにスズを均一に当て、ピンセットでランプをランプビットに一つ一つ挟んでから、恒温加熱テーブルで加熱溶接すればよく、恒温加熱テーブルは一般的に低温180度以下の操作が多いので、スズペーストを買う際にスズペーストの融点を強調する必要がある。またはランプを貼り付けた後、直接リフロー溶接機に溶接することができます。具体的な操作はリフロー溶接の注意事項を参照してください!


溶接が完了したら、40℃未満に冷却してから包装することができます。


小出力パッチLED(例えば3528 3020 3014及び2835小出力、3ウエハ5050は3ウエハの電流で平均する)の電流を設定する場合、放熱が良好な場合は電流は通常17-20 MAを使用するが、空間放熱が十分であれば、下は厚いアルミニウム基板、あるいは板の裏面にファンが付いており、大は30 MAまで使用できるが、一般的なガラス繊維板と軟板であれば17 MA以下の電流しか使用できないことが多い。中出力の2835と5630 5730の0.5 Wボールは放熱状況に応じて60-120 MAに設定してもよく、放熱*が十分であれば150 MA大きい。大出力5050 3535の1 Wランプビーズは、定電流240-300 MA間の電流を使用する必要があり、放熱が十分な場合は、50501 W大350 MA、3535 1/3 W汎用の場合は大600 MAである。小面積マルチランプの取り付けには放熱を十分に考慮し、プレートの背面にファンを取り付けるのが適切です。常温動作時、LED自体の温度が75度を超えると全体設計の放熱が深刻に不足していることを示す場合は、放熱条件の改善や電流の低減を考慮しなければならない!


電気こて溶接:電気こて(最高30 W)先端温度は300度を超えず、溶接時間は3秒を超えず、溶接点はコロイドから3 mmを超えなければならず、カード点で溶接することを提案する。


浸漬溶接:溶接温度260度、浸漬溶接時間は3秒を超えず、浸漬溶接位置は少なくともコロイドから3 mm離れ、LEDの予熱温度は100-110度、最長は60秒を超えない。


LEDのウエハはカソードホルダに直接付着しているので、ウエハにダメージを与えないように、溶接時のLEDへの圧力とウエハへの熱衝撃を最小限に抑えてください。


溶接中及び溶接後はLEDのコロイド部に外力と振動を加えず、金線の切断を防止し、機械的衝撃や振動からLEDを溶接した後、LEDが室温状態に戻るまでコロイドを保護する措置をとるべきである。

高温で足を切断してLEDが破損しないように、常温で足を切断してください。


LEDを帯電溶接しないでください。


6、巻帯のSMD LED還流溶接

過還流溶接M 8シリーズの温度曲線は以下を参照してください:

溶接剤:鉛錫あり溶接剤:鉛錫なし

温度上昇傾き=4℃/s大温度上昇傾き=4℃/s大

予熱温度=100℃〜150℃予熱温度=150℃〜200℃

予熱時間=100 s大予熱時間=100 s大である.

温度降下傾き6℃/s大温度降下傾き6℃/s大

ピーク温度=230℃大ピーク温度=250℃大

ピーク温度±5℃時間に10 sを超えてはならず、ピーク温度±5℃時間に10 sを超えてはならない

183℃を超える温度の時間は80 sを超えてはならない。217℃の温度を超える時間は80 sを超えてはならない。


7、LED静電防護

LED製品に接触するテーブルには保護シートを敷き、確実に接地しなければならない。


人員はLEDに接触する時、静電気防止手袋(できれば有線静電気リング)、防護手袋を着用し、条件が許す時は静電気防止服、静電気靴及び静電気キャップを着用することが望ましい。

応用加工過程でLEDに接触した機械設備はすべて確実に接地しなければならない、例えば:アイロン、足切り機、足曲げ機及び溶接設備など。条件付きでプラズマファンを取り付けて静電気を消すこともできます。


使用中または電子回路を設計する際には、過大な電流によるLEDへの危害を考慮しなければならない。


8、ピン成形

LEDピンの成形は溶接前に完成しなければならず、曲げ角はコロイドから3 mm以上離れていなければ支柱を折り曲げることができない。同じ場所でのピンの折り畳み回数は2回を超えてはならず、ピンは90度に曲げられ、元の位置に戻るのは1回です。


ピンの成形は治具を用いたり、専門家が完成したりしなければならず、エポキシ体の最初の大きさによる内部金糸断裂を避けることに注意しなければならない。


ピンの成形には、ピンの間隔が配線板と一致することを保証する必要があります。


LEDが溶接中または溶接された後は、ランプの足を曲げないでください。ランプに損傷を与えないようにしてください。


9、LED取付方法

ピンが変形した状態でLEDを取り付けないでください


プリント配線基板にLEDを取り付ける場合、配線基板上の孔の中心距離とLEDピンの中心間隔は同じであるべきであり、孔の間隔が大きいとピンに残留応力がかかり、溶接時に樹脂部分に変形が生じる可能性がある。


LEDをPCBボードに挿入する場合、PCBボードの穴はランプ脚のサイズに合わせて、大きすぎたり小さすぎたりしないようにしてください。


LEDを取り付ける時はガイドスリーブで位置決めすることをお勧めします。


2本のピンの1本あたりのパッド面積は4.6平方ミリメートル以上である。


人食い魚の足当たりのパッド面積は9.2平方ミリ以上である。


SMD普通単結晶ステントの各ビードパッド面積は3.9平方ミリメートル以上である。


SMDトリプルステントの各ビードパッド面積は1.65平方ミリメートル以上である。


他のタイプのランプは、実際のランプの構造に基づいてパッドサイズを設定します。


10、LED動作条件

LEDを使用する場合、駆動電流は仕様要求の最大電流を超えてはならず、20 mAを超えないほうがよく、駆動電流は10-20 mAの間にあることをお勧めします。

LEDごとに異なるVF値があります。実際の回路で使用する場合は、VF値が近いランプを1つの回路に直列に接続することで、異なる抵抗値の抵抗を組み合わせて、横流の目的を達成するように設計したほうがいいです。


LEDスイッチ時に発生する超電圧(または超電流)を防止するために回路を設計しなければならず、短電流またはパルス電流はLEDの接続を損なうことができる。


一部のLED(青色LED、白色LEDなど)は静電気防止の要求があり、設置使用中に相応の静電気防止措置をとるべきである。


使用する際には、LED自体が発する熱がランプに与える影響だけでなく、周囲の環境温度がランプの光電効率に与える影響も考慮しなければならない。一般的な一般的なランプは点灯後、ランプの足の温度は30度を超えてはならない。パワー型LEDが点灯した後、ランプ脚部または熱伝導台座部の温度は60度を超えてはならない。この温度を超える場合は、駆動電流を下げるか放熱面積を大きくすることを考慮しなければならない。


LEDの極性は間違って接続されないように注意してください。一般的に、ランプ脚の少し長い端は正極で、少し短いのは負極で、もし両ランプ脚が同じくらい長い場合、マークをよく識別しなければなりません。


LEDと発熱抵抗体アセンブリを近づけすぎないようにしてください。


LEDと金属などの硬い物との摩擦を回避し、アブレイシブアブレイシブアブレイシブジェット処理をすることはできず、光学的効果を交換しないようにする。


LEDへのSMT加工にも多くの注意事項がありますが、アイビー回路ではよくあるSMT加工の注意事項を簡単に紹介します。