プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - led ライトを消して、点滅の解決方法

PCB技術

PCB技術 - led ライトを消して、点滅の解決方法

led ライトを消して、点滅の解決方法
2023-06-25
View:54
Author:ipcb      文章を分かち合う

led ライトled lamp)とは、発光ダイオードを光源として利用する照明器具であり、一般的には銀ペーストまたは白ペーストを用いて半導体ledをホルダに硬化させ、その後、銀ワイヤーまたは金ワイヤーでチップと回路基板を接続し、周囲をエポキシ樹脂で密封し、内部の芯線を保護する役割を果たし、ハウジングを取り付ける。

 

ledはその明るさが大きく、エネルギー消費が低く、寿命が長いなどの特徴で、現在の電灯市場を徐々に占領している。一般的に、ledは問題が発生しにくいものであり、ledの問題の中では、ランプが点灯しない、ランプが暗くなる、ランプを消した後に点滅するという3つの欠点にほかならない。今日は各問題を一つ一つ分析して解決しましょう。

 

led ライトにはシーリングライトと電球の2つの形式があります。どの形式のランプでも内部構造は同じで、ランプビーズとドライバに分かれています。

 

ledの玉

 

シーリングライトのハウジングや電球の白いプラスチック部分を開けると、内部に黄色の長方形に覆われた回路基板が見えます。この回路基板の黄色は、電球です。ビーズはledの発光体であり、その数がledの明るさを決める。

 

*ドライバ

 

led電球のドライバは底に取り付けられており、外観は見えません。シーリングライトのドライバは黒い箱で、ランプを取り付けるときはまずドライバを取り付ける必要があります。

 

ドライバは定電流、降圧、整流、フィルタリングなどの機能を持っている。

 

ledが点灯しない解決方法

 

電灯が点灯していない場合は、まず回路に問題がないことを確認してください。新装電灯の場合は、電気ペンを使用して測定するか、回路に電圧があるかどうかを確認するために白熱電灯を取り付けなければなりません。回路に問題がないことを確認したら、次の点検を開始することができます。

 

*ドライバの問題

 

電灯がつかないのは、十中八九ドライバの問題です。発光ダイオードは電流、電圧に対する要求が高く、電流、電圧が大きすぎても小さすぎても正常に点灯できないため、ドライバ中の定電流ドライバと整流器、降圧器などの装置を維持して使用する必要がある。

 

電気をつけてもビームが点かない場合は、まずドライブの問題を考えなければなりません。交換用に新しいドライブを購入できます。

 

LEDランプの明るさを暗くする解決法

 

この問題は前の問題と結びつけて解決しなければならない。電灯の明るさが暗くなったり明るくなったりしているのは、この場合の可能性があります。

led基板

図1led基板 

*ビーズ問題

 

LEDランプのビーズは、11列に分かれており、それぞれのビーズは、直列に接続されており、列と列の間は、並列に接続されています。

 

そのため、この1つのストリングに1つのビーズが焼失すると、このストリングは点灯しなくなります。各列に1つのビーズが焼失すると、ランプ全体が消灯してしまいます。各ストリングに1つのビーズが焼失している場合は、ドライバ上の容量や抵抗に問題があることを考慮してください。

 

焼失したビーズと正常なビーズは外観から見ることができ、焼失したビーズは真ん中の位置に黒いドットがあり、しかもこのドットは拭えない。

 

*赤丸の中は焼失したランプの玉である

 

焼失したボールの数が多くない場合は、焼失したボールの後ろにある2つの溶接足をはんだごてで溶接することができます。焼失したビーズの数が多すぎる場合は、照明の明るさに影響を与えないように、ビーズボードを買って交換することをお勧めします。

 

LEDランプの消灯後の点滅の解決方法

 

電灯の消灯後に点滅が発生したら、まず回線の問題を確認します。可能性のある問題は、スイッチ制御のゼロラインです。このような時は危険が発生しないようにタイムリーに修正しなければならない。正しいやり方はスイッチを入れて火線を制御し、ゼロ線で電灯を接続することだ。

 

回路に問題がなければ、ledランプに自己誘導電流が発生している可能性があります。簡便な方法は、220 Vのリレーを買って、コイルと電灯を直列に接続すれば、解決できる。