プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - 基板フラックス(OSP)の長所と短所は何ですか。

PCB技術

PCB技術 - 基板フラックス(OSP)の長所と短所は何ですか。

基板フラックス(OSP)の長所と短所は何ですか。
2023-09-06
View:397
Author:ipcb      文章を分かち合う

PCB表面処理プロセスは多種のタイプに分けられ、OSPも抗酸化プロセスである。純銅は空気にさらされると酸化されやすいため、回路基板の外層には保護膜が必要ですが、このときフラックスOSP)プロセスを行うと回路基板を保護することができ、ROHSの要求に合致し、環境保護性も備えています。では、このような優れたOSP技術の長所と短所は何でしょうか。

pcb

図1 pcb

 

まず利点を言いますと、フラックス(OSP)はほとんど裸銅板溶接のすべての利点を持っていて、コストが低くて、溶接強度が高くて、溶接性が良くて、表面が平らで、表面処理に適していて、重工しやすいです。金属ではなく有機膜を化学的に被覆しているため、噴霧スズより安く、パソコンのマザーボードによく使われています。

 

そして彼の欠点を言います。

 

フラックス(OSP)自体には色がないため、チェックするのが難しく、フラックス(OSP)処理が施されているかどうかを判別するのが難しい。フラックス(OSP)自体が絶縁されており、電気テストに影響します。熱安定性が悪く、高温で炉を通過すると酸化防止保護性がなくなり、二次還流溶接に使用すると、一定時間以内に完成する必要があり、プロセス時間が短いため、最初の溶接後の24時間以内に後続の溶接を完成しなければならない。フラックス(OSP)は腐食に弱いわけではなく、保管期間が3ヶ月を超えると表面処理をやり直しなければならない。次に、フラックス(OSP)はワイヤボンディングに適さず、印刷要求が高く、洗浄しにくく、ピークボンディング穴の透錫性が悪い。これらはすべてフラックスOSP)プロセスの使用に影響を与えるいくつかの欠点である。