プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

ハイブリッドマイクロ波PCBのスタックアップの課題
2019-07-24
View:223
Author:ipcb      Share

今日、携帯電話、Webブラウザ、音楽プレーヤー、PDA、カメラなど、さまざまな機能を単一の電子デバイスに統合するという消費者の要求により、設計者はより困難な課題に直面し始めています。課題の1つは、RFデバイスとマイクロ波デバイスを統合するPCB設計をサポートすることです。PCB設計でRFとマイクロ波を実現することは新しい概念ではありません。PCB設計者は、20年以上にわたって懸命に取り組んできました。しかし、問題は、エンジニアがRFデバイスとマイクロ波デバイスを統合するために一生懸命働かなければならないということです。それでは、どうすればそれを今変えることができるでしょうか。




RF /マイクロ波PCBアプリケーションの主要な部分は、必要な周波数を達成できるように、設計の特定の許容範囲内にとどまる能力です。ハイブリッド設計のスタックアップを管理する上で最も難しい課題の1つは、パネルからパネル、さらには一部のアプリケーションではピースからピースまで、全体的な厚さの要件を一貫して達成することです。複数の材料タイプがあるため、デザインを一緒にラミネートするために使用できる複数のプリプレグ(接着剤システム)タイプもあります。



マイクロ波PCB


マイクロ波PCB


多くのRFPCB設計には、エッチング後に大きな開いた(銅が充填されていない)領域を持つRF信号層があります。製造業者は、さまざまな手法を使用して、層間に十分な絶縁があり、全体の厚さが一定であることを確認します。




多くの場合、フローなしのFR-4プリプレグは、厚さを均一に保つための最良のソリューションですが、スタック全体に材料を追加し、パッケージ全体の電気的特性を変える可能性があります。すべてのPCB製造業者のプロセスがまったく同じように機能するわけではありません。これが、設計を成功させるために早期の関与が重要であるもう1つの理由です。