プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

フレキシブルプリント基板表面処理について
2019-08-05
View:516
Author:ipcb      Share

1. FPCB浸漬ゴールド

利点:酸素化が容易ではなく、長期間保管および配置でき、外観が滑らかで、小さなギャップピンや溶接スポットの溶接に適しており、溶接性を低下させることなく何度もリフロー溶接を行うことができます。


不足:ニッケルフリーの電気めっきプロセスを使用しているため、コストが高く、溶接強度が低く、ブラックプレートの問題が発生しやすい。ニッケル層は時間の経過とともに酸素化し、その長期的な信頼性が問題となる。




2. FPCB浸漬シルバー


利点:簡単なプロセス、鉛フリー溶接、SMTに適しています。非常に滑らかな外観、イマージョンゴールドよりも低コストで、非常に正確で細心の注意を払ったラインに適合します。

不足:保管条件が高く、汚染しやすい。溶接強度が問題を明らかにしやすい。電気試験も問題である。




3.FPCBイマージョンスズ

利点:並列ライン生産に適応。正確で細心の注意を払ったライン廃棄に適しており、鉛フリー溶接に適しており、特にプレス技術に適しています。非常に良好な平坦性、SMTに適しています。


不足:良好な保管条件、できれば6ヶ月以内を要求してください。電気試験も問題です。




5. FPCB OSP

利点:プロセスが簡単で、表面が非常に平坦で、鉛フリー溶接とSMTに適しています。回転、製造、操作が簡単で、平行線操作に適応します。低コスト


不足:リフロー溶接の限界、SMTリワークは適していません。高い保管要件。