プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCBA表面スズビーズサイズの許容基準
2022-05-11
View:75
Author:ipcb      Share

PCBAを加工する過程の中で、PCBA板の表面はいつも避けられないいくつかのスズビーズが残っていて、業界内ではPCBA板のスズビーズの大きさと数量に対して受信可能な基準があります。下記の内容はPCBA外観検査基準(略称国標)によるPCBA表面スズビーズの受入可能基準です。

 

PCBAban1.jpg


 

PCBAプレートスズビーズの受入基準:

 

1、錫玉の直径は0.13 mmを超えません。

 

2600 mm 2の範囲内の直径0.05 mm-0.13 mmのスズビーズ数は5個を超えません(片面)

 

3、直径0.05以下の錫ビーズの数は要求しません。

 

4、全てのスズビーズは必ず溶接助剤に包まれて移動できません(溶接助剤がスズビーズの高さの1/2以上に包まれていると判定された場合)。

 

5、スズビーズは異なるネットワーク導体の電気ギャップを0.13 mm以下に減少させません。

 

備考:特殊管理区域を除きます。

 

PCBAban2.jpg


 

スズビーズの拒否基準:

 

受信基準のいずれかが一致しない場合は拒否と判定します。

 

備考:

 

1、特殊管理領域:金指端差分信号線上のコンデンサパッド周囲1 mmの範囲内に20 x顕微鏡下で見えるスズビーズの存在を許しません。

 

2、スズビーズの存在自体がプロセスを代表して警告し、SMTシール加工メーカーはプロセスを絶えず改善し、スズビーズの発生を最小限に抑えるべきです。

 

PCBA外観検査基準は電子製品の検収の最も基本的な基準であり、異なる製品と取引先の要求によって、錫珠に対する受け入れ可能な要求はまた異なり、一般的に国標の基礎の上で、更に取引先の要求と結びつけて基準を決定します。

 

PCBA表面スズビーズサイズの許容基準」についてはここまでご紹介しておりますので、お役に立ったら光栄です。

 

(株)iPCBプリント基板(PCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細を知りたい方はリンク:https://www.ipcb.jp/をご覧ください。