プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術 - FPCソフトボードの構造

PCB技術

PCB技術 - FPCソフトボードの構造

FPCソフトボードの構造
2023-04-12
View:176
Author:Sabrina      文章を分かち合う

回路基板はこれまで多くの種類が派生してきたが、多くは剛性板と軟板(FPC)の2種類に分けることができる。ソフトボードはフレキシブル回路基板とも呼ばれています。今日はソフトボードの構造構成を紹介します。一般的に軟板は導電性銅箔の層数と厚さによって階層化されており、単層軟板、二層軟板、多層軟板と両面軟板に分割することができ、それらの構造もそれぞれ異なり、以下にそれらの異なる性質がどこにあるかを紹介する。



軟板の構造.jpg

軟板の構造



単層軟板の構造

これは最も簡単な構造の柔らかい板で、通常は基材+セロハン+銅箔のセットで買ってきた原材料で、保護膜+セロハンは別の買ってきた原材料である;まず、銅箔はエッチングなどのプロセス処理を行って必要な回路を得る必要があり、保護膜はドリルを行って対応するパッドを露出し、洗浄した後にローラー法で両者を結合し、露出したパッド部分に金や錫などをめっきして保護する必要があり、これにより、大板が完成し、その後、対応する形状の小回路基板にプレスする必要がある。保護膜を用いずに直接銅箔にソルダーレジスト層を印刷することもあり、これによりコストは低くなるが、回路基板の機械的強度は悪くなる。強度要件が高くないが、できるだけ低価格である必要がある場合を除き、保護フィルムを貼り付ける方法である。


二重軟板の構造

配線が複雑すぎたり、単層の軟板が配線できなかったり、接地マスクのために銅箔が必要な場合は、二層の軟板または多層の軟板を選択する必要があります。多層軟板の構造:多層軟板と単層軟板の最も典型的な違いは各層銅箔を連結するために過孔構造を追加したことであり、一般的な基材+透明ゴム+銅箔の最初の加工技術は過孔を作ることである、まず基材と銅箔に穴を開け、洗浄した後、一定の厚さの銅をめっきすることで、穴を通すことができ、後の製作技術は単層軟板とほぼ同じである。


多層軟板の構造

多層フレキシブル基板の両面にはパッドがあり、主に他の回路基板との接続に使用されています。単層の軟板と構造は似ているが、製造技術の違いは大きく、その原材料は銅箔、保護膜+透明ゴムであり、まずパッドの位置の要求に応じて保護膜に穴を開け、銅箔を貼り付け、その後パッドとリード線を腐食してから別の穴をあけた保護膜を貼り付けるだけでよい。ソフトボードのこれらの種類の構造は種類が異なりますが、多くの製造技術には同じ点がありますが、いくつかの基礎的な場所に異なる技術が追加され、異なる分野に対応するために使用されています。